手のひらサイズの高画質カメラ「ソニーサイバーショット DSC-RX0」誕生

2017.12.27 22:07 更新

読了時間:2分34秒

ソニー『サイバーショット DSC-RX0』これは“アクションカム”ではない。手のひらサイズの高画質カメラ爆誕!

手のひらに乗せられるほど小さくて軽いコンパクトデジカメがソニーから登場した。その名も『サイバーショット DSC-RX0』。すでにカメラ・写真業界からは大きな注目を集めているが、一般にはあまり知られていないかもしれない。ぱっと見はGoProのHEROシリーズのようなルックスで、「アクションカム」のような印象を受ける。しかしスペックを見る限り、どうやらそういったカテゴリーの商品ではないようだ。ガジェット好きの記者は、好奇心を抑えることができず、いち早く「RX0」の魅力をチェックしてみることにした。

このサイズに1インチの撮像センサーを搭載したことに驚き

デジタルカメラ……特にレンズ一体型のコンパクトデジカメは昨今のスマホ普及に押され、売り上げが大きく落ちているという。各カメラメーカーは、コンパクトデジカメのジャンルに関して高級路線を強化する企業と、もはやこの市場は諦めてしまった企業との二極分化が進んでいるように感じる。

その中で、ソニーはこのコンパクトデジカメというジャンルに高級路線を確立した先駆者でもある。1インチサイズの撮像センサーを搭載した高画質なコンパクトデジカメ「RX100」シリーズが市場で高く評価され、現在では5代目が登場している(1~4代目も併売中)。その「RX」の称号を冠した新型コンパクトデジカメ『サイバーショット DSC-RX0』(1型Exmor RS CMOSセンサー搭載・総画素約2100万画素・有効約1530万画素・幅59.0×高さ40.5×奥行き29.8mm・約110g(バッテリー・microSDメモリーカード含む)・参考価格 税抜79,880円・2017年10月27日発売)は、これまでの同シリーズのイメージをまったく覆す驚くべきコンパクトデジカメだったのだ。

「ソニー『サイバーショット DSC-RX0』これは“アクションカム”ではない。手のひらサイズの高画質カメラ爆誕!」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ