リスク回避の必須項目。コピペチェックで文章の質を向上させよう

2024.7.10 17:00 更新

読了時間:4分6秒

メディア運用において、他社のサイトを参考に自社サイトのコンテンツを作成したり、外注ライターに記事作成を依頼したりするシーンがたびたびあります。その際に、意図せず自社サイトのコンテンツが他社サイトと重複してしまった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。コピーコンテンツには、SEO順位の下降を含め、さまざまなリスクがあります。今回は、コピーコンテンツのリスクとチェック方法について解説します。

コピペチェックとは?

コピペチェックとは、他のコンテンツと同一または類似している部分がないかを確認する作業です。これにより、自分のコンテンツが他のサイトの内容を無断でコピーしていないかを確認することができます。

コピペチェックはなぜ必要?

コピーコンテンツには多くのリスクが伴います。具体的には以下のようなリスクが発生します。

①検索結果に表示されないリスク

検索エンジンはオリジナルで価値のあるコンテンツを高く評価します。コピーコンテンツが多いと、検索エンジンはそのページを検索結果に表示しないことがあります。

②検索順位が下がるリスク

コピーコンテンツは検索エンジンからの評価を下げる要因となります。結果的に検索順位が低下し、サイトのトラフィックが減少する恐れがあります。

③コピー元からクレームが来るリスク

他サイトのコンテンツを無断で使用すると、コピー元から著作権侵害のクレームが来る可能性があります。これにより、法的なトラブルに発展することも考えられます。

ご参考ください。

コピーコンテンツのチェックが必要なシーン

コピーコンテンツのチェックが必要なシーンについて確認しましょう。

外注ライターにコンテンツ作成依頼をしたとき

外注ライターに記事を依頼する際には、納品された記事がコピーコンテンツではないかチェックすることが重要です。納品された記事を確実にチェックできるよう、運用に組み込むと良いでしょう。

他社サイトと同様の商品を販売しているとき

同じ商品やサービスを扱っている場合、他社サイトと内容が重複しやすくなります。このような場合にも、入念にコピペチェックを行い、自社のオリジナリティを保つことが重要です。

無料で使えるコピペチェックツール

コピーコンテンツのチェックにはツールを使うと便利です。無料で使えるものもあるのでいくつかご紹介します。

CopyContentDetector(https://ccd.cloud/

CopyContentDetectorは、簡単に使用できる無料のコピペチェックツールです。テキストを入力するだけで、他のウェブサイトと重複していないかを確認できます。

こぴらん(https://copyrun.net/

こぴらんは、日本語のコピペチェックに特化したツールで、使いやすいインターフェースが特徴です。無料で利用できるため、多くのWEB担当者に支持されています。

剽窃チェッカー(https://plagiarism.strud.net/

剽窃チェッカーは、学術論文などでも使用される高精度のチェックツールです。無料版でも十分な機能を持ち、簡単にコピーコンテンツを検出できます。

まとめ

画像の最適化は、Webサイトのパフォーマンスを向上させ、ユーザビリティを高めるために欠かせないプロセスです。リサイズや圧縮、最適化ツールの活用、適切なファイルフォーマットの選択、さらにブラウザキャッシュやレイジーロードなどの技術を駆使して、効果的に画像を最適化しましょう。これにより、ユーザーの直帰率を低減し、SEO効果を高めることができます。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

【PR】ゲーマーのための機能が満載。チューナーレススマートテレビ「GL981U」...

2024.6.26 16:24

【PR】ゲーマーのための機能が満載。チューナーレススマートテレビ「GL981U」...

2024.6.25 11:00

圧縮、リサイズ以外にも?画像の最適化の具体的な方法をご紹介

2024.6.19 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ