回避する方法は? 元警察官に聞く「職務質問の裏事情」

2017.12.21 12:07 更新

読了時間:1分37秒

元警察官が語る「職務質問の拒否」を続けた場合

管轄区域の枠を超えて全域を警らする自動車警ら隊はいわば職務質問のプロ。そこで、警視庁地域部自動車警ら隊に所属していた元警察官に、職務質問の裏事情を聞いてみました。職務質問は拒否し続けるとどうなるのでしょうか。そして、しつこい職務質問をうまく回避する方法はあるのでしょうか。

職務質問で行き先を質問する理由

職務質問とは、質問をしていくことで相手の不審点を探って行く作業です。まず「どちらに行かれますか?」と質問する理由は、目的地の方向が合っているかなどを調べるため。答えが曖昧だったり方向が違ったりすると、住居侵入などが考えられるわけです。

自ら隊は必ず警察官2名で職務質問をするので、怪しいとなれば1名が質問している間に、もう1名が免許証などから身元を照会。前科があれば、質問をそれに合わせて変えて行きます。

さらに、カバンやクルマのトランクを見せるように促すのです。その際、裁判例の範囲内で、バッグなどの持ち物を無理やり開けるような強制力はありません。しかし、あまりに不審だったり、拒否する場合は無線で応援を頼みます。

「元警察官が語る「職務質問の拒否」を続けた場合」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ