もしや目の病気のサイン?! 寒くなると涙が出やすくなるワケ

2017.12.7 12:07 更新

読了時間:1分33秒

目の病気のサインかも…寒くなると涙が出やすくなるのはなぜ?

冬の冷たい風が目に当たった際、涙が出たことはありませんか?目に異物が入った訳でもないのに、涙が止まらず不思議に思ったことがあると思います。

心当たりがある人は、ドライアイや結膜炎などの目の病気が隠れているかもしれません。

今回は、寒くなると涙が出る人の原因や症状について、医師に分かりやすく解説していただきました。

涙が出る主な原因

基礎分泌

涙は唾液や胃液と同じように、意識しなくても常に少しずつ作られています。毎分1〜2マイクロリットル(ミリリットルの1/1000)程度作られています。

刺激性分泌

目にゴミが入ったり風が当たったり、玉ねぎを刻んだなどの刺激があるときに、目を守り異物を流し去るために涙が追加で作られます。

心因性分泌

辛いことや悲しいことがあった時など、心因性により涙が出ます。涙を作る指令は、自律神経(交感神経と副交感神経)と三叉神経によって制御されています。

「目の病気のサインかも…寒くなると涙が出やすくなるのはなぜ?」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ