あのプレステのゲームの世界に入り込める!? PlayStation4専用新型ヘッドセットの未来感がスゴイ!

2016.3.18 10:15 更新

読了時間:3分25秒

安いぞ! PlayStation VRが4万4980円で10月に発売決定!

PlayStation VR_1

出典:GIZMODO

PlayStation 4買わなきゃ…。

いよいよ今年から本格的にスタートする「VRゲーム」市場。その中でもPlayStation 4と接続して遊べる、VRヘッドセットのド本命「PlayStation VR(PSVR)」が、「プロセッサユニット×1、VRヘッドマウントディスプレイ接続ケーブル×1、HDMIケーブル×1、USBケーブル×1」込みで、4万4980円で10月に発売されることが、ソニーから正式発表されました!

PlayStation VRはゴーグルのようなヘッドセットを装着することにより、自分を360度取り囲むような3D体験が可能です。さらにオーディオも3D技術に対応しており、まさにゲームの中に自分が飛び込んだような感覚が味わえるんです!

こんな風にワイワイゲームを楽しんだり…

美人なお姉さんと夏の思い出を作ることだってできるんです。いや~、ゲームってここまで進化したんですね。

さらに、PlayStation VRでは国内34社を含む全世界230社のディベロッパーがゲーム作成に参戦! 参入メーカーはセガ、スクエニ、カプコン、コナミ、フロム・ソフトウェアなどなど…うおおおお、早く遊ばせてくれえええ!

また、4万4980円という価格はPlayStation VRがゲーム機専用ハードなことを考えても割安感があります。なんせ、PCと接続して遊ぶ「Oculus Rift」の日本価格は9万4600円(送料込み)、HTCの「HTC Vive」は11万1999円と結構値が張りますからね。

なお、スペックの差はPlayStation VRのディスプレイ解像度が1920☓1080ドットで視野角は100度、Oculus RiftとHTC Viveは2160☓1200ドットで視野角は110度。リフレッシュレートはどれも90Hzですが、PlayStation VRだけ120Hzに対応しています。どのモデルもいい感じに拮抗していますね〜。

あ~、でもOculus RiftやHTC ViveはPCと接続できるから、ゲームだけじゃない使い道もあるのか……両方買えばいいんですね、わかります。
source: ソニー

(塚本直樹)

元記事を読む

gizmodo

 

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ