レトロが新鮮! 今でも買える「懐かしの昭和文具」

2017.12.15 22:07 更新

読了時間:1分36秒

いまでも買える心躍らせた懐かしい文房具とは?

昭和の文房具には絶版になっている製品ばかりですが、ほぼ変わらない形で40年近く売られ続けている製品もあります。そんな“今でも買える”懐かしい文房具を紹介しましょう。「ロケット鉛筆」と「ミッキーナイフ」、そしてスーパーカー消しゴムを飛ばした「BOXYボールペン」です。

ナイフ捌きを競った懐かしい文房具

尖った芯がグニュっと出てくる「ロケット鉛筆」は、台湾のBensia製がオリジナルの懐かしい文房具。昭和40年代からのロングセラーです。短くなったペン先を抜き取ってロケット鉛筆の頭に入れると、押し出された新たなペン先が出てくる仕組み。尖った芯が出くるギミックが新鮮でした。

現在は、ファンシーなデザインになっていますが、台湾製のオリジナルが入手可能。レモンのロケット鉛筆の実勢価格は5本入りで108円です。

華麗なナイフ捌きを競い合った懐かしい文房具が「ミッキーナイフ」。東日本では「ボンナイフ」、西日本では「ミッキーナイフ」と流通しているメーカーが異なっています。当時は多彩なカラーバリエーションがありました。

「いまでも買える心躍らせた懐かしい文房具とは?」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

GDPR、CCPA、個人情報保護法。世界各国に広がる個人情報保護の動き

2021.12.3 17:00

Googleの発表したPrivacy Sandbox。広告のターゲティングへの影...

2021.11.26 17:00

リテンションマーケティングを効率的に。LINE公式アカウントを活用しよう

2021.11.19 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ