オーダーメイドでオンリーワンのアナログレコード

2017.11.23 08:07 更新

読了時間:2分55秒

【Interview】思い出をアナログレコードに残して!オンラインレコード作成サービス「CUT&REC」に大接近

今、アナログレコードがちょっとしたブームになっている。大手レーベルが再生産に着手したり、有名アーティストの名盤が再販されるなど、消費者のみならず、業界全体が盛り上がっているようだ。ストリーミングによって、手軽な音楽視聴に慣れ親しんだ若い世代の興味が、自分の手元に“財産”として残せるレコードへと、移行していることも大きいだろう。
そうした動きに対応したITサービスも、ちらほら登場している。先月リリースされた「CUT&REC」も、その1つ。世界でただ1つのオリジナルレコードを、オーダーメイドできるオンラインサービスで、音源のデータさえあれば簡単に注文できるシステムだ。これまで試験運用してきたが、この度満を持して、正式にウェブでのサービスを開始した。

運営元は、合同会社サウンドロープ。創業者で代表社員の諸富 栄治(もろとみ えいじ)氏が、取材に応じてくれた。(写真:向かって左が諸冨氏、右が共同創業者の橋本氏)

・アナログレコードが持つモノとしての価値を再発見

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

日常的に、ストリーミングで音楽を聞くようになったと同時に、どこか物足りなさを感じていました。そんな折、久々にレコード屋を訪れ、アナログレコードが持つモノとしての価値に気付いたのです。そこから、「想い出をレコードに記録(Record)する」体験を提供する、ジャケット付きレコードのオーダーメイドサービスを、考えるようになりました。
(サービス構築にあたって)1枚ずつレコードを作るダブプレートマシンを購入し、市販レコードの音質まで、クオリティを高めました。ジャケットやレーベルの製造と、オンラインシステムに関しては、独自開発を行い、3年の月日を経て実現しました。

Q2:どのような工程を経て、アナログレコードができあがるのでしょうか。

まず、「CUT&REC」のウェブサイトから、デスクトップ環境で、ご自身の音源や画像をアップロードし、レコードをデザインしていただきます。レコードの完成イメージは、3Dプレビューで、確認できるようになっています。問題なければ、入稿・注文します。

「【Interview】思い出をアナログレコードに残して!オンラインレコード作成サービス「CUT&REC」に大接近」の続きを読む

getnews-logo

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ