東京でいちばん美味しいと言われるカレー店「トマト」の魅力に迫る

2017.11.6 22:07 更新

読了時間:2分46秒

東京でいちばん美味しいカレー屋『トマト』の和牛ビーフジャワカレー

和牛ビーフジャワカレー
1950円

東京都内で一番美味しいカレーといわれている店が、JR荻窪駅から徒歩2分の場所にある。その店名は、欧風カレー&シチュー専門店『トマト』。とてもキュートな店名だし、店舗のデザインも落ち着く西洋風。だが、そのファンシーなイメージとはかけ離れた、極めて本格的な欧風カレーを堪能することができる。

・AからZまで体験した者がくる場所
非常にホスピタリティーが素晴らしい女性店員と男性シェフが切り盛りしており、そのシェフの熟練度はまさに「極めし者」のレベルに達している。しかしカレーの玄人は言う。「この店は、あらゆるカレーを食べ、甘さも辛さもAからZまで体験した者がくる場所である」と。

・ここのカレーを高評価する傾向
そんな玄人の話はスルーしてかまわないが、まったく間違ったことを言っているわけでもない。

『トマト』のカレーはどんな人にも驚きを与える個性派カレーだが「より多くのカレーの味を知っている人」こそ、ここのカレーを高評価する傾向にあるのだ。

・響き渡る苦味がたまらない
すなわち、カレー好きほど褒め称えるカレーなのである。実際に食べればわかるが、食べた瞬間に感じるのは辛さでも塩気でも旨味でもない。

まるで除夜の鐘の音のように、グワァーーーーンと響き渡る苦味がたまらない。

・大半の人は「美味い」
その苦味のあとは強烈な酸味。そして最後に辛味と旨味がやってくる。スプーンに乗ったカレーが口の中に入ってくるまでに苦味は消えるが、酸味と旨味は最後まで強く尾を引く。この酸味を「美味い」と感じるか「強い」と感じるかは、人の好みによるのだが、大半の人は「美味い」と感じているようだ。

・必然的にライスが足りなくなる
あまりにも酸味が強いため、少量のカレーに多量のライスを費やす。必然的にライスが足りなくなるので、あらかじめ大盛りを注文しておくべきだろう。

「東京でいちばん美味しいカレー屋『トマト』の和牛ビーフジャワカレー」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ