気軽に黒トリュフの風味を楽しめるスナック菓子「ポテトリュフ」が新登場!

2017.10.4 17:07 更新

読了時間:2分19秒

別名”黒ダイヤ”! 高級食材・黒トリュフの香りが立ち上る『ポテトリュフ<トリュフバター味>』のグルメぶり

「キャラメルコーン」、「ハーベスト」、「暴君ハバネロ」などひとひねりあるラインナップでおなじみの東ハトから、『黒トリュフ香るポテトリュフ<トリュフバター味>』が発売になった。この夏、登場したい注目のポテトスナックだ。

黒いダイヤモンドと呼ばれる「黒トリュフ」とは?

東ハトの『黒トリュフ香るポテトリュフ<トリュフバター味>』(70g・参考価格 税抜148円・2017年7月24日発売)は、ネーミングでお分かりのように「黒トリュフ」を贅沢にもお菓子に使用したポテトスナック。チップスではなく”スティックタイプ”のポテトスナックで、黒トリュフを使用した『ポテトリュフ<トリュフバター味>』と白トリュフを使用した「トリュフ塩味」の二種類が同時発売されている。

トリュフ(フランス語:Truffe noire)は、フォアグラとキャビアとならび”世界三大珍味”といわれる高級食材の一つ。黒トリュフは「黒いダイヤモンド」、白トリュフは「白いダイヤモンド」と呼ばれ、松茸と同じく人工栽培できないことからとても希少なキノコとして有名だ。黒トリュフと白トリュフの違いは、主な産地や収穫時期などにある。主にフランス産である黒トリュフは冬に収穫され、主にイタリア産である白トリュフは10・11月の秋頃に収穫される。そして、黒トリュフが加熱して食べられることが多いのに対し、白トリュフは生のまま削って食べられることが多い。

トリュフ味のスナック菓子は毎年のようにどこかのメーカーから発売されるが、その賛否はわかれるもの。実際に食べて、その味わいをチェックしてみよう!

「別名”黒ダイヤ”! 高級食材・黒トリュフの香りが立ち上る『ポテトリュフ<トリュフバター味>』のグルメぶり」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ブーストマガジンについて
ページトップ