「冷えた=美味しい」は間違い?食べ物の最適温度について知ろう

2017.10.3 22:07 更新

読了時間:2分36秒

夏だから「冷たい=おいしい」は間違っている?食べ物や飲み物にある最適温度を知ろう

蒸し暑い日にはキンキンに冷えたビールが飲みたいっ!夏真っ盛りの今はそんなふうに思っている人も多いと思いますが、ちょっとだけ待ってください!!じつは冷やし過ぎたビールってじつはベストじゃないってご存じですか?食べ物や飲み物には、食べたときに美味しく感じられる“最適温度”があって、ベストな温度にすることで味覚にも変化があるんです!

美味しさの適温は、「体温」が基準となる

ビールの基礎知識 2012年03月21日発売号
Fujisan.co.jpより

まず知っておきたいのは、味の感じ方。一般的に味は、口の中の温度や体温に左右されるといいます。たとえば、舌で感じられる五味(甘味・塩味・旨味・酸味・苦味)のうち、塩味は体温より高いと味の感じ方が柔らかくなり、甘味は体温に近い36~37度でより甘く感じるといいます。つまり、自分の体温を基準に、食べ物の適温を考えるのがいいのです。

フローズンビールはやり過ぎ?それとも美味しければOK?

最近は、マイナス温度で凍らせたフローズンビールなるものがありますが、これもじつは万人が美味しいと感じる温度ではないのです。では、夏の定番、ビールは何度が適温なのでしょうか??各メーカーのHPではビールの最適温度は以下のように出ています。

・サッポロビール……夏は4~6度、冬は7~9度
・サントリー……夏は4~6度、冬は6~8度
・キリンビール……6~8度が目安
・アサヒビール……(スーパードライの場合)5~6度

夏場はおおよそ4~6度くらいで冷やせば間違いはなさそうです。

各社で共通しているのは、ビールはキンキンに冷やし過ぎると、泡立ちが悪くなるということ。4時間ほど冷蔵庫で冷やすと、飲みごろの温度になるといいます。ちなみに同じアルコールでもワインは適温が違います。白ワインは5~10度、赤ワインは常温15~20度くらいが理想なんだとか。

「夏だから「冷たい=おいしい」は間違っている?食べ物や飲み物にある最適温度を知ろう」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ