バレンタイン

最高のチョコレートを満喫

2017.2.3 12:05 更新

読了時間:14分45秒

 

バレンタイン

2月の一大イベントといえば、むかし節分、いま「バレンタイン」。
日本では主に女性から男性にチョコをプレゼントするイベントだが、義理チョコや、お世話になった人にあげる感謝チョコ、友人にあげる友チョコ、さらに最近では自分にあげる自分チョコなるものまである。

ここまで幅広くなってくると、もはやチョコを楽しむための口実になってきているようにも感じるが…。チョコレートメーカーの一大マーケティングがこのように実を結んだのかと。大したものである。

まあ、そんな万人が楽しむイベントと化したバレンタインは、チョコレート好きにはたまらないシーズンでもある。そう、1年で一番、チョコレートが豊富にそろうこの季節。どのチョコレートメーカーもこれでもかと限定品を販売するので、どれもこれも食べてみたくなる。

今年はチョコレート好きの筆者(男性)も参戦してその様子をレポートしてみようと思う。

 

今年のバレンタインは、夫婦でチョコを贈り合うことに

我が家は、夫婦そろって大の甘党だ。お酒は切らしても甘いものを切らさない。だから毎年バレンタインは妻がチョコを買ってきて、それを家族で食べる、というイベントになっていた。

チョコ好きの人間からすると、バレンタインは様々なショコラティエの限定チョコレートが登場する一大イベント。そんなチョコの祭典で女性だけにチョコを選ばせるなんてもったいない、といつも感じていた。

だから今年のバレンタインは妻から筆者に、筆者から妻にそれぞれ選びぬいたチョコレートを贈り合うことにしようと決めたのだ。そのほうがチョコもたくさん食べられるし、妻だって贈られる喜びを感じられる。まさに一石二鳥。

 

ネット購入なら、甘党男子も気楽にチョコを買える

というわけで早速、仕事帰りにデパ地下へ行ってチョコを購入しよう、と思った。だが、この時期のデパ地下はバレンタインチョコの特設コーナーが設置され、女性であふれかえっている。普段から女性が多く男性にはアウェイ感がただよっている場所とはいえ、バレンタイン時期の売場はその状況をはるかに超えている。

かつてバブルのころ、クリスマスの時期にティファニーやヴィトンのショップに男子が大挙して押し寄せていたあの感じだ。ティファニーには入れても、このチョコレート売り場には入れない。結局、この日は手ぶらで帰宅したのだった。

さて、どうしたものかと頭をひねっていると、同僚であり甘党仲間のE氏から「ネットで買ってみたら?」と思わぬアドバイスが出てきた。そうだ、その手があった!

そこで、E氏とともにネットをチェックしてみる。お手頃価格が揃ったAmazon、楽天はもちろん、有名ショコラティエの新作や限定品が買える伊勢丹や高島屋オンラインのバレンタインコーナー、それにブランド直販サイトもある。これほど品揃えが豊富とは思わなかった。盲点だ。

その中で筆者が真っ先にチェックしたのが、日本が誇るショコラティエ、サダハル アオキ氏のブランド「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の新作だ。

サダハル アオキ氏はフランスで行われるクラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ(CCC)というチョコレートの品評会で、最高評価を6年連続で獲得するなど、世界で最も注目されている日本人パティシエの一人だ。

今は、昨年のCCC最高位を受賞した4種のチョコレートが全て食べられるボックスが発売されているらしい。期待値マックス、これは買わねばならぬ!公式オンラインストアからポチッと購入だ。

E氏がチェックしていたのは、「明治」のチョコレート。「チョコレートは明治♪」のCMでおなじみの、コンビニやスーパーなどでもよく見かけるあれだ。

「え、なんで各社限定品が豊富なこの時期にわざわざ、いつでも近所で買える明治のチョコなのか?」と、筆者は疑問を抱いた。それを見たE氏はニヤリと笑って、「Bean to Barってご存じですか?」と聞いてくる。

なんでもBean to Barは、チョコレートの大きなトレンドらしい。
Beanは「カカオ豆」、 Barとは「チョコレートバー」で、完成品としてのチョコレートのこと。「豆から完成品まで」とはつまり、原料栽培からこだわったチョコレート作りだ。これまでのチョコレートが「お菓子作り」だったのに対して、Bean to Barの考えで作られたチョコレートは「畑作りから」ということか。

今までのBean to Bar はたった一粒でも何百円もする高級チョコレートの世界での動きだった。そこに明治が挑んだのが「明治 ザ・チョコレート」。さすが「チョコレートの明治」。高級チョコレートのトレンドに挑戦する姿勢がカッコイイ。

そんな「明治 ザ・チョコレート」、現在6種のフレーバーが出ているこの商品を、E氏はAmazonでまとめ買いすることに決めたようだ。

お互いに購入ボタンを押してこの日は終了。
さて、あとは届くのを待つばかりである。

 

ついに到着!そのお味は?

まずは明治の「ザ・チョコレート」。E氏がうれしそうに職場に持ってきてくれた。

バレンタイン

明治「明治ザ・チョコレート」

Amazonでの購入価格はプライム会員か否かにもよるが、この時は1枚215円が最安値だった。
種類は全部で6種。フレーバーは「力強い深みコンフォートビター」「濃密な深みと旨みベルベットミルク」「優しく香るサニーミルク」「鮮烈な香りフランボワーズ」「華やかな果実味エレガントビター」「魅惑の旨みジャンドゥーヤ」。名前の付け方も面白い。

筆者が最も気に入ったフレーバーはフランボワーズだった。“鮮烈な香り”と銘打つだけあって、封を切るとカカオの香りとともに果実の香りが。味もフランボワーズの酸味によって、ただ甘いだけではない複雑な旨みを感じられた。筆者は果物系が好きなんだと再認識した。

E氏はというと、ジャンドゥーヤがお気に召した様子だ。これはその名前のとおり、かなりナッツの風味が濃厚だ!食べていて一番ガツンと来たのはコイツだった。

バレンタイン

その他の味についても一言ずつ。

・サニーミルク:食べ馴染みのあるミルクチョコの味
・ベルベットミルク:ややナッツの香りがプラスされているような感じ
・エレガントビター:筆者の好きなフランボワーズと似ている。が、よりカカオが多いのか濃厚さと苦味が加わっている
・コンフォートビター:“これぞ王道”という感じの濃厚なチョコレート

この中ならばおそらく嫁はベルベットミルクを気に入るのではなかろうか。嫁は複雑さよりもやさしい甘さを好む傾向にある。

それにしても、このレベルのチョコレートがスーパーやコンビニで、200円ちょっとで買えてしまうという事実。食べたことのある人にはわかってもらえると思うが、これはもう驚異的である。

パッケージをはがしてキレイな皿に並べて出したら、きっと多くの人はこれがコンビニで買えるものだとは思わないに違いない。是非、今日近くのコンビニに行って一つ買ってくるといい。数百円で幸せになれます。

 

サダハル アオキの実力はいかに

続いてサダハル アオキのチョコレートも到着。
まずパッケージに注目した。

バレンタイン

シンプルなデザインながら可愛さがあふれ、女性客が自然と手を伸ばしたくなる、そして自分の分も買ってしまいそうなパッケージ。

もちろん中身の方も一流のショコラティエの手による芸術的なビジュアル。

最近のチョコレートの見た目は本当にオシャレで遊び心にあふれていると思う。ありきたりな言い方ではあるが、やはり食べるのがもったいないくらいだ。

バレンタイン

AOKI 2017 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 6個入り アソート ショコラ
税込3,348円

6種類のチョコの名前をそれぞれ紹介しよう。

上段左から、青色がミルティーユ、赤いハートがクリオロ、縦縞の緑色がワサビだ。
下段左から、緑色がバンブー、茶色がプラリネオレ、オレンジ色がヴァランシアだ。
名前を聞いただけではよくわからないが、見た目のインパクトはすごい。

そして、最も味にインパクトがあったのはCCC受賞のワサビ。チョコレートにワサビを入れるなんて、すごい発想だ。ひと口食べた最初の感想は“おいしいチョコ”なのだが、あとから本当にワサビの香気がやってくる!あの香気がチョコの香りと一緒に鼻を抜けていくのだ。また、辛味はない。

清涼感があるからなのか、いつもよりもチョコの香りを堪能できた気がする。
これはスゴイぞ…

最もおいしいと感じたのは、オレンジ色のヴァランシアだった。バレンシア産オレンジを使用したサダハル アオキ氏の代表作のケーキ「ヴァランシア」。それをチョコレートにアレンジしたものらしい。

口に運ぶとほのかにオレンジの香りが。まずここから筆者好みだ。そして口当たり。ローストしたナッツをチョコと混ぜるプラリネならではのサクサクとした食感もたまらない。そしてチョコレートの甘みと、果実の甘み、そしてほのかな酸味が口の中に広がる。これは味わいも芸術的だ。
それにしても、筆者はどうしても果実味が好きなようだ。でもこの味はたぶん嫁も気に入るはず。

どのチョコレートも、これまで味わったことのないくらいシルキーで口溶けが本当になめらかだった。周りはしっかりとコーティングされているので、パリッとした食感なのだが、そこからはフワッと舌の上に広がったと思ったら、溶けてスッと消える。どれもこれも本当にウマイ。

甘党男子二人で食べているにしては、なんて優雅でぜいたくな時間なんだ。チョコ受けに用意したインスタントコーヒーまでレベルアップしている錯覚。これなら嫁からも高評価を引き出せそうだ。

 

まとめ

いかがだっただろうか。今回は女性で大混雑しているチョコレート売り場を避けて、ネットでチョコを購入してみた。一大イベントだけあって、各ショッピングサイトにバレンタイン特集が組まれており、探しやすかった。ネットならゆっくり選べて、移動中などちょっとした合間にも注文できる。甘党の男性にとっては嬉しい時代になったものだ。

今回紹介したチョコは本当にどれもおいしかった。結局、筆者はパティスリー・サダハル・アオキ・パリのAOKI2017を再度購入する予定だ。いまから嫁の喜ぶ顔が目に浮かぶ。果たして嫁はなにを購入してくるだろうか。そちらも楽しみだ。

まあ、試食用と贈答用で費用がかさんでしまったことは気付かなかったことにしよう…

 

Twitter連動企画
チョコレート購入を応援するAmazonギフト券をプレゼント!




この記事のように、チョコレートを誰かにプレゼントしてみませんか?
チョコレートを購入するためのAmazonギフト券が当たるTwitter連動キャンペーンを実施します。

【応募条件】
◇20歳以上の「チョコレートを誰かにあげたい男性」
 ※自分にご褒美、家族への贈り物など、プレゼントする相手は問いません。
◇Amazonで商品をご自分で購入することができ・受け取りが可能な方
◇後日キャンペーン内容にそったTwitter投稿が可能な方
◇本キャンペーンのTwitter投稿内容をブーストマガジンに掲載させていただける方
 ※ご本人様からのご応募に限ります。
 ※Twitterの非公開アカウントは抽選対象外になります。必ず公開設定のうえご参加ください。

【応募方法】
以下の2つのStepで応募となります。
◇Step1 ブーストマガジンの公式Twitter@_BoostMagazine_をフォロー
◇Step2 ブーストマガジンの公式Twitter上部に固定してあるキャンペーン告知のツイートをリツイート

【応募期間】2月3日~2月9日 AM10:00締め切り

【当選発表・受け渡し】
2月9日夕方より順次当選者へご連絡
(ダイレクトメッセージより当選者へご連絡いたします。ブーストマガジンからのメッセージを受け取り可能な設定にしてください。※当選者のみご連絡いたします。)

当選後の流れ

当選者の方は、バレンタインまでにAmazonからチョコレートの購入をお願いします。

Amazonのサイト内ならどんなチョコでも可能です。
質を取るか量を取るか、チョコレート以外に目移りするのか、あなたの個性がでる最高のセレクトをしてください。

商品到着次第、写真と簡単な説明とともに以下のタグと合わせてツイート投稿!

#最高のチョコレートセレクト

※注意点
・当選者には5,000円分のAmazonギフト券コードのみのお渡しになります。「送料」や「手数料」などの別途支給はございません。
・応募者は直接的・間接的を問わずキャンペーン参加によるいかなるトラブルが生じた場合も当方に対し責任を問うことはできません。ご了承のうえご応募ください。

あなたからのご応募をお待ちしています!

関連記事

バレンタインに向けた自己PR

コメダ珈琲のチョコ祭り

Amazonプライムは得か損か
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ