進路

青春時代が懐かしくなったら……。小説を読もう!

2017.6.16 08:07 更新

読了時間:2分16秒

”青春”に思いを馳せる小説が読みたくなるとき

沼口祐子

進路

日本と世界のマスコミは、エマニュエル・マクロン新フランス大統領が誕生したとき、彼の24歳年上の妻ブリジットさんに大注目した。15歳の男子高校生と39歳の女教師との恋愛、そして結婚なんて、映画みたいでいかにもフランスらしいからだろう。

初恋の人が“先生”という人は意外と多いかもしれないが、その青春の頃の一途な思いがずっと続くケースはやっぱり稀だし、皆が興味津々になるのはよくわかる。

恋愛至上主義の国では

ところが、フランスではマクロン新大統領の政策には興味はあっても、その私生活には興味なしという人が大半のようだ。ミッテラン前大統領やシラク前大統領に愛人がいても、サルコジ前大統領が就任まもなく離婚して、その後スーパーモデルと再婚しても、フランス国民にとっては「だから何?」という感覚。他人の色恋沙汰は自分たちの生活には関係ないから、どうでもいいと思っているようなのだ。

というか、恋愛至上主義のフランスでは、めずらしい恋愛をごく身近で目の当たりにするので誰も驚かないのかもしれない?

私も彼の地での子育て中には、フランス人の恋愛に関しては「え~っ!」と驚くことが何度かあった。

娘が中学生だったときには、クラスメイトだった男子生徒と女子生徒が、ある日突然、兄妹になってしまった事件(?)があった。父母会に出席していた、あるパパとあるママが恋に落ち、そのまま結婚。それぞれの子どもたちは、いきなりひとつ屋根の下で暮らすことになった。

大統領になったマクロン家の場合はマクロンと夫人の娘が同い年であり、同級生がいきなり父と娘になったわけだが、まぁフランスの場合はなんでもあり、驚く人はいないようだ。

「”青春”に思いを馳せる小説が読みたくなるとき」の続きを読む

フムフム

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ