株式会社クリエイティブホープ 代表取締役会長 大前創希氏

【ドローンキーパーソンインタビューVol.8-3】大前創希氏のドローン空撮ノウハウ「8秒ルール」や「逆算して撮影」

2017.3.2 15:05 更新

読了時間:3分39秒

前回はIT企業経営者ながら、ドローン関連企業への投資や、ドローンパイロットとして空撮映像の制作を行う大前氏に、会社設立の経緯や、ドローンを使った地方創生について伺った。大前氏は日本初の本格的な空撮動画コンテスト「Drone Movie Contests 2016」で準グランプリを受賞するなど、その映像制作の技術は評価が高い。そこで今回は、大前氏に具体的な映像制作のノウハウについて、詳しくお伺いする。

逆算で作る、ドローン空撮の作りのポイント

【田口】大前さんが制作する映像は、パッと見た瞬間にほかの空撮映像とは違う美しさを感じます。ご本人から説明いただくとすると、どのあたりがほかの方の映像と違うと思いますか?

私にとってはドローンを「飛ばす」ことよりも、パッと見た瞬間に「画としてキレイかどうか」というほうが重要です。画としてキレイだったら、ドローンを飛ばす必要もないんですよね(笑)。

株式会社クリエイティブホープ 代表取締役会長 大前創希氏

株式会社クリエイティブホープ 代表取締役会長 大前創希氏

【田口】未完成な画にドローン空撮が加わることで、完成するのですね。

そうです。空撮時のカメラワークの最大の特徴は、立体的な動きが加わることだと思います。Z軸をどう表現しよう?ということを中心に据えて、撮影しています。XとYの前後左右の動きにZ軸の縦の動きが入ることによって、これまでの映像とは違う驚きや感動、興奮を、見ている人に提供できるのはないかと思っています。

あとは、8秒に特にこだわって撮影しています。この空間で8秒間撮るとしたらどこが最高にキレイなのかな…と。

【田口】8秒ですか?

見ている人にとっては、一つのカットは長くても8秒くらいが見ていられる限界なのではないかと思います。10秒は我慢できないし、短ければ4秒くらいかもしれない。そうすると、4秒で成立する画、8秒で成立する画って何なのかということを考えて、そこに1点集中する必要があります。

【田口】確かに、よほど特殊な用途がない限りは、10秒以上のカットってあまりないですよね。

私の制作する映像はだいたい2分ぐらいの長さに収めるのですが、撮影時に編集する長さをイメージして撮っています。撮れたものを編集するのではなく、撮っているときから編集のことを逆算しながら撮っていますよ。

元記事で続きを読む

drone_owners
 
 
 
 
 

関連記事

【ドローンキーパーソンインタビューVol.8-1】趣味で撮影した映像がコンテスト準グランプリに。そこから起業へ

【ドローンキーパーソンインタビューVol.8-2】「うちの地域は魅力がない」は思い込み。ドローンで地方創生を目指して

【ドローンキーパーソンインタビューVol.7前編】ドローンに感じた新しい市場への可能性。DJI正規代理店 若手社長の視点
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ