【最速1年英語学】留学ナシの外資系社員から学ぶ学習法とは

2018.1.2 08:07 更新

読了時間:4分6秒

留学経験ナシの外資系社員に聞いた、1年で成果を出す最速の英語勉強法は?

転職前1年間の最速英語勉強法とは

年明けに決意した、英語の勉強続いてますか?
オンライン英会話の存在を知った時はこれで英語ができるようになるとワクワクしましたが、継続して学習するのは難しいですね。

今回は、留学経験ナシから外資系企業への転職に成功した川島さん(仮名)に、転職前の1年間で実践した、1番効率の良い英語勉強法を聞いてきましたのでご紹介します。

英語の勉強法のリサーチ


–まずどこから英語の勉強をスタートしたのでしょうか?

川島:まずは英語の勉強の仕方についての情報を集めました。大きな書店に行くとありとあらゆる英語ノウハウ本があり、見るだけでクラクラしました。そこで留学経験のない人が、短期間で業務に必要な英会話をマスターするという内容を中心に、5、6冊を選んで研究しました。

実際に参考にした書籍は、『30分で英語が話せる 』、『レバレッジ英語勉強法』、『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる』、『村上式シンプル英語勉強法 』、『NHKラジオ 入門ビジネス英語 関谷英里子のビジネスに効く英単語101』など。

これからの本を読んでわかったのは、正しい英会話は1年では絶対に身につかない、しかし、限定されたコミュニケーションを前提とした英語力であれば、なんとかなると思いました。

やること、やらないこと

–具体的にどんな戦略を立てたのでしょうか?

川島:限られた時間を効率的に使うために、やらないこと、やること、を明確にしました。一般的に英語学習に効果があるといわれていることの中でも、次の点はやらないことに決めました。

やらないこと
・文法から学ぶ
・正しい英語を話そうとする

・単語をたくさん覚える

・英語を聞き流す

・普通の英会話スクールに通う

やること
・デジタルマーケティング業界の100語をマスターする
・よく使う言い回し100ワードを徹底して覚える

・自己紹介に関する項目を20項目つくり、丸暗記する

・マーケティングの知識がある人とトピックを絞って会話をする

–けっこう大胆にやらないことを決断しましたね

川島:はい、今回やらないと決めたことはどれも効果がすぐに見えづらく、習得に時間がかかりそうなものはやめました。逆にやると決めたことは、即効性がありそうなものに絞りました。やること、についてもう少し説明していきますね。

デジタルマーケティング業界の100語をマスターする


–普通はよく使う一般的な単語から覚えますよね?

川島:はい、それでは時間が足りないため、いきなり自分の専門領域であるマーケティング分野の必須単語を100語徹底して暗記しました。すでにネット上で100単語がピックアップされていたので、それをもとに、自分が重要だと思うWordを加え、カスタマイズしました。

複数回繰り返しチェックしてもわからない単語はノートに抜き出し、それでも覚えられないものは単語カードを作成しました。覚える単語すべてが、絶対に必要だと理解しているため、繰り返しの反復練習にも真面目に取り組めました。この業界の最新情報はすべて英語のため、必要に迫られて学習することができました。

わかる専門用語が広がると、多少わからない単語が出てきても文脈でニュースの内容を予想できることが増え、そのネタをtwitterなどでつぶやくと反応があったりして、前進している実感が持てました。

「留学経験ナシの外資系社員に聞いた、1年で成果を出す最速の英語勉強法は?」の続きを読む

careersapli

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ