G-RO

驚くほど滑らかに進むキャリーケースが正式発売される

2017.5.25 20:07 更新

読了時間:2分57秒

デコボコの路面もスムーズに引けるキャリーバッグ【今日のライフハックツール】

G-RO

キャリーバッグに革命を。

トラベラー待望のキャリーバッグとして、KickStarterでクラウドファンディング中から注目を集めていた『G-RO』が正式販売を開始しています。

POS_Amazon from Netta shalgi on Vimeo.

目をひく大径ホイールは、段差や荒れた路面など、一般的なキャリーバッグならストレスを感じる場面でもスムースな移動を可能にし、バンパーとしての機能も持っています。少しえぐれた加工がされている底部分は、地面の凹凸に引っかからないように工夫されているうえ、防水仕様なので悪天候も気にする必要がありません。

内部スペースの幅は約35cm、長さ約50cm、奥行約20cm(約28cmまで拡張可能)という収納力(通常時約35リットル)を持ちながら、手荷物として機内に持ち込めるサイズに収まっています。

さらに多彩な収納ポケット、内部コンパートメントのおかげで、効率的で機能的な収納が可能。また、TSAロックを備えていますので、アメリカへの旅行でも問題ありません。

コンセプトムービーからも、考え抜かれた設計思想がお分かりいただけるでしょう。

集められたデザインチームは、車輪が大きく引きやすいだけのキャリーバッグにするのではなく、トラベラーにとって真に使いやすいバッグとして完成度を高めていきました。

G-RO

ノートPCなどを収納できるスリーブも備え、オプションで充電用バッテリーを搭載できるなど、ガジェット対応も抜かりなし。これが理想の旅行バッグだと思える人は、決して少なくないはずです。

なお、盗難対策のためにオプション購入できる「位置情報確認端末(ロケーター)」は、日本の無線技適審査を通していない可能性があります。購入を考えている方は、ご注意ください。

G-RO

(田中宏和)
image by G-RO

元記事を読む

Lifehacker


関連記事

リモワやサムソナイトを凌駕する2万円クラスのスーツケース

肩に食い込む重~い通勤バッグを劇的に軽くする裏ワザ

ビジネスバッグがいつでもシャキッとする秘密のアイテム
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ