近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す

新たながん治療法を日本人が開発

2016.11.28 17:05 更新

読了時間:3分45秒

3行ブースト

  • 新しいがん治療法が登場しました。なんと近赤外線でがん細胞が1日で消滅、難しい転移がんにも有効
  • 開発したのは米国立がん研究所の日本研究者小林久隆氏。がん細胞の死滅率が高いとか
  • 2~3年後の実用化を目指して臨床試験中。治療法のメカニズムは記事詳細からチェック
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする
  • google_ad_region = "kiji_shita";
  • google_ad_region = "kiji_shita";

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

アルマーニ初のスマートウォッチ、さすがのデザイン力に脱帽!

2017.6.24 20:07

次世代大型店「銀座ロフト」 新オープン。見どころを一挙紹介

2017.6.24 16:07

最大で38%もお得! いま予約したい、秋に最安値を迎える海外旅行先

2017.6.24 12:07

google_ad_region = "migi_waku";
google_ad_region = "migi_waku";
ゴールデン横丁
GG Edge[ジージー エッジ]
droneowners
ブーストマガジンについて
google_ad_region = "migi_waku";
ページトップ