あなたの目のケア間違ってます、日本一の眼科医が教える知らないと怖い「目の真実」

疲れ目にマッサージは間違い

2016.11.14 12:05 更新

読了時間:5分54秒

あなたの目のケア間違ってます、日本一の眼科医が教える知らないと怖い「目の真実」

あなたの目のケア間違ってます、日本一の眼科医が教える知らないと怖い「目の真実」

あなたの目は大丈夫?

「日本のメガネ人口は約7,500万人」「コンタクトの利用者は1,500万人〜1,800万人」とも言われるメガネ大国日本。しかし実は、目の健康に関する知識や技術は、世界的に見ても遅れているのをご存知でしょうか。

ここでは「眼の手術ランキング」で何度も全国1位に輝いた深作眼科の院長であり、米国白内障屈折矯正手術学会の最高賞を20回も受賞してきた日本一の眼科医・深作秀春さんの著書『やってはいけない目の治療』から、私たちが目の健康について持っている先入観や迷信について解説します。筆者もこの本を読むまで、目が疲れた時は眼球の上のツボをグイグイ押してましたがおもいっきり間違ってました。

「目に優しいコンタクト」など存在しない

あなたの目のケア間違ってます、日本一の眼科医が教える知らないと怖い「目の真実」
多くの日本人が利用しているコンタクトですが、実は目の病気の様々な原因になっています。例えばコンタクトの保存液は、寝る前に外してコンタクトを浸しているだけで、タンパク除去などができて清潔が保てるというのが売り文句です。

仮に本当にタンパクを除去できて、コンタクトについている細菌まで殺せるのだとしましょう。しかしもしそんな強い洗浄力を持った液に浸したコンタクトを目に入れれば、繊細な目の細胞まで死滅してしまいます。ということは「保存液に浸している=清潔」ではないのです。

だからといって水道水で洗うのは最悪です。水道水には少なからず細菌が存在し、地域によっては角膜炎の原因になるアメーバー原虫がいるところもあります。最悪の場合角膜の移植手術が必要になりますが、これも今の日本では移植用の角膜が手に入りにくいため、下手をすればそのまま失明せざるを得ません。

また「酸素透過率70%で目に優しいから、つけっぱなしでも大丈夫」と謳うコンタクト製品もあります。しかし売り文句に掲げる数値は、あくまで工場出荷段階のもの。

使用していればその数値はどんどん低下していき、結果黒目の角膜が酸欠になり、表面に細かい傷ができていきます。ソフトコンタクトの場合、この傷の痛みが和らいでしまうため気づかない間に症状が悪化するのです。

「目に優しいコンタクト」など存在しません。眼球に細菌をくっつけていることを前提として、異常を感じたらすぐにメガネに変える、水道水では絶対に洗わないなど、コンタクトとの正しい付き合い方を考える必要があるでしょう。

さっさと忘れたい「間違った目の迷信」

あなたの目のケア間違ってます、日本一の眼科医が教える知らないと怖い「目の真実」
メガネ大国だけあって、日本には様々な「目の健康法」が溢れかえっています。しかし深作さんいわく、こうした健康法のほとんどは眼科医ではないド素人が考案した迷信でしかありません。しかもこうした迷信は薬にならないだけでなく、深刻な目の病気を引き起こす毒にすらなっているのです。以下の3つはその代表的なものです。

間違った目の迷信1. 眼球体操は目に良い

→「目を左右上下に動かして目の健康を取り戻しましょう」そんなテレビ番組や書籍を見たことがあるはずです。これは全国的に流行し、中年女性を中心に多くの人が実践してきました。しかし眼球を激しく動かすと、目の中の硝子体繊維が強く揺れます。

硝子体繊維の端には網膜がくっついており、揺れによって引っ張られ続けると最後には破けてしまいます。結果「網膜剥離」になるのです。網膜剥離は放っておけば失明の危険もある重大な病気です。深作さんは実際に眼球体操が原因で網膜剥離になった患者さんを、手術によって救ってきたのだとか。

間違った目の迷信2. 目の疲れにはマッサージが効く

→ネットには「目の疲れをとるためのマッサージ法」といった類の記事が溢れかえっています。しかし目やその周りを叩いたり、マッサージしたり、こすったり、温めたりする方法は、目にとって毒にはなっても薬になることはありません。

目は非常に繊細な「むき出しの臓器」です。他の臓器は骨に守られていますが、目は外部からの光を取り込むために何の保護も受けていません。そんな目に対して衝撃を与えると、白内障や網膜剥離の危険をいたずらに高めるだけです。

間違った目の迷信3. 眼球の洗浄は目に良い

→花粉の季節になるとテレビなどで目を洗浄するホウ酸などの洗浄液が宣伝されます。しかしこうした洗浄液で目を洗うと、角膜の保護成分である脂層やムチンなども一緒に洗い流してしまいます。その結果無防備な眼球に汚れを含んだ洗浄液が行き渡り、目の病気を進行させたり、発症させたりするのです。

また同じように水道水で洗うのも基本的には目に毒です。前述のように水道水にも多くの細菌がいるため、目に悪影響を及ぼします。もちろんゴミやホコリが目に入った時など、洗い流さなくてはならない時もあります。ただ、メガネをかけるなどしてそのような機会を極力減らす努力は必要です。

「あなたの目のケア間違ってます、日本一の眼科医が教える知らないと怖い「目の真実」」の続きを読む

careersapli

関連記事

鼻ほじりは健康にも悪い

【善玉コレステロール=健康に良い】は間違い!?ケンブリッジ大学研究チームが常識を覆す調査結果を発表

実は意味ないダイエットの通説
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

外に出たくなる!今感じるECにはない良さ

2019.4.5 12:06

歩く幸せ。【布団系お洒落】でスタイリッシュアウトドア

2019.4.4 12:06

お洒落ってなに?歴史をヒントに考えてみる

2019.4.3 12:06

人気記事ランキング

ブーストマガジンについて
ページトップ