3Dプリントされた生きてるタトゥー。不思議な模様の秘密を知る

2018.1.14 17:07 更新

読了時間:1分13秒

世界初、3Dプリントされた「生きてるタトゥー」

まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。

なんでも、ただのインクではなく生きたバクテリアを使った特殊なインクで描かれているようで、ある条件下で、この枝のような模様が光るようプログラミングまでされてるだって?

外気に合わせてデザインが変わる!?

まあ、光るシール型タトゥーと言っちゃえばありがちなアイテムですけど、「微細な生物が外気や皮膚の調子を察知して模様を変動させる」と、開発したMIT(マサチューセッツ工科大学)。

枝の形を描くインクは、バクテリアとバクテリアが生きるための水分と栄養素を混ぜて作られたもの。バクテリアには、ある化学的刺激を受けた際に光ったり、色が変わるようにプログラミングがされています。

「世界初、3Dプリントされた「生きてるタトゥー」」の続きを読む

getnews-logo

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ