ベテランバーテンダーが教える「美味しいレモンサワーの黄金比率」

2017.8.14 08:07 更新

読了時間:2分39秒

達人バーテンダーに聞く「おいしいレモンサワーを作るための黄金比率」とは?

ここ数年で広がるばかりのレモンサワーブーム。 すっかり幅広い世代の人気ドリンクに変わりましたねえ。どうも、メシ通レポーターの白央(はくおう)です。

レモンサワーといえば完全に「居酒屋さんの飲み物」というイメージでしたが、最近では晩酌やホームパーティで「自作して楽しむ」人も増えているよう。

そこで、ですね。

「レモンサワーをおいしく作るコツ」を研究しているバーデンダーさんがいるんです。さっそく、そのポイントを教えてもらいました。

◇講師はこのかた

藤村公洋(ふじむら きみひろ)さん。

バー業界に入ってもうすぐ30年。料理家としても活躍し、著書に『病気になったバーテンダーの罪ほろぼしレシピ』(講談社)がある。

ベースのお酒があって、炭酸の割りものがあり、フルーツのフレーバーがある。レモンサワーもひとつのカクテルなんです!」が持論。

それでは藤村さん、よろしくお願いしますー!

POINT①大事なのは配分!

おいしいカクテルを作る上での基本って、何だかご存じですか。

それは「お酒と割りものの配分」です。

たとえば「ジンフィズ」という有名なカクテルがありますね。このカクテルは、ベースのお酒がジンになります。それにレモン果汁と砂糖、炭酸水を加えて作るもの。

一方でサワーとは、焼酎を、甘みをつけた果汁入りの炭酸水で割るものです。

つまりは、ベースのお酒がジンか焼酎かの違いだけで、ジンフィズとレモンサワーの構成要素はほぼ一緒。プロフィールにもありましたが、私はレモンサワーもカクテルだと思っています。だって、「ベースのお酒があって、炭酸やフルーツ果汁で割る」んですからね。やっていることはまったく一緒です

なのでおいしいレモンサワーを作る上で最も大事なことは、カクテル同様その配分と私は考えています。

ジンフィズなら、お酒と割り材の配分は1:2。この配分をしっかり守るのが、おいしいジンフィズを作る上での基本です。

「達人バーテンダーに聞く「おいしいレモンサワーを作るための黄金比率」とは?」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ