トースターでトロトロ! チーズとケールの、大人向けオープンサンド

2017.7.9 12:07 更新

読了時間:3分10秒

解毒&抗酸化作用のスルフォラファンに期待。ケールとささみのタルティーヌ

人気のケールを使ったタルティーヌ。ケールのほろ苦さをホワイトソースとチーズでまろやかに包んでみた。

ケールはきゃべつの仲間で「緑黄色野菜の王様」とも言われており、葉酸などビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウム、ポリフェノールなどが多く含まれる。

そして注目すべき成分はスルフォラファン。ブロッコリーにも含まれるフィトケミカル(植物性化学物質)の一種で、すぐれた解毒作用と抗酸化作用を持つ話題の成分だ。がん予防や胃壁に棲みつくピロリ菌を撃退する効果、肝臓の機能を高める働き、血液をサラサラにする効果がある。

スルフォラファンは苦み成分でもあり、刻んだりすり潰したりすることで増加するそう。ケールは青汁の原料として知られているが、苦みの原因はスルフォラファンというわけだ。

「ケールとささみのタルティーヌ」は、お手軽ホワイトソースを使った、軽めの仕上がり。それはオリーブオイル+バターにして油分を少なめにし、牛乳を多くするから。ささみを鶏もも肉に変えてボリュームアップしても◎

『ケールとささみのタルティーヌ』

材料(2人分)

ケール(2枚)
ささみ(1本)
新じゃが(小1個)
米粉または薄力粉(小さじ2)
バター(5g)
牛乳(120㏄)
オリーブオイル(大さじ1)
(少々)
ブラックペッパー(少々)
ナツメグ(少々)
ピザ用チーズ(適量)
カンパーニュ、バゲットなどお好みのパン(適量)

作り方

STEP1


ケールの芯の部分は斜め薄切りにし、葉の部分は2センチ幅くらいに切る。

STEP2


ささみは小鍋にかぶる量の水と酒(分量外:小さじ1)を入れて茹で、食べやすい大きさに手でさく。

STEP3


新じゃがはラップをして電子レンジで加熱し、2センチ角くらいに切る。ふつうのじゃがいもの場合は、皮をむく。

STEP4


フライパンにオリーブオイルを入れケールの芯を1分ほど炒め、ケールの葉を加えさらに炒める。

STEP5



しんなりしたらささみ、じゃがいも、塩、ブラックペッパーを加えて炒め、馴染んだら米粉を加えて炒める。

STEP6



粉っぽさがなくなったらバターを加えて混ぜ、牛乳、塩、ブラックペッパー、ナツメグを加えてさらに混ぜ、シチューよりかために仕上げる。ゆるく仕上げるとパンに乗せにくくなるので要注意。

STEP7




パンにSTEP6をのせ、ピザ用チーズをまぶし、トースターでこんがり焼く。

元記事を読む

roomie_logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

分散型メディアにはデメリットも。押さえておくべきポイントは?

2022.12.30 17:00

分散型メディアとは?メリットと運用のポイントを解説

2022.12.23 17:00

レコメンドウィジェット型だけじゃない?さまざまなネイティブ広告の特徴とメリットを...

2022.11.25 17:00

ページトップ