リテンションマーケティングを効率的に。LINE公式アカウントを活用しよう

2021.11.19 17:00 更新

読了時間:3分37秒

近年、既存ユーザと友好な関係を安定して維持するリテンションマーケティングが注目されています。リテンションマーケティングを効率的に行う方法のひとつにLINEの公式アカウントの活用が挙げられます。LINEの公式アカウントには企業にどんなメリットがあるのでしょうか。

リテンションマーケティングとは?

リテンションマーケティングとは、「既存ユーザとの安定した関係を維持していくためのマーケティング手法」のことを指します。新規ユーザの獲得は、既存ユーザの維持の約5倍のコストがかかります。そのため、既存ユーザと友好な関係を維持するリテンションマーケティングが近年注目されています。リテンションマーケティングの基本は、メールマガジンなどですが、LINE公式アカウントを活用することで、より効果的なリテンションマーケティングが可能になります。

LINEの公式アカウントをリテンションマーケティングに活用

LINE公式アカウントとは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で、企業や店舗が独自のアカウントをつくり、ユーザーへダイレクトに情報を届けられるサービスのこと。LINEユーザー(顧客)と繋がることができたり、店舗やサイトへの送客が期待できたりと、企業側には様々なメリットがあります。
さらに、LINEチャットボットを利用すれば、企業はLINEアプリ上でユーザーとコミュニケーションを取ることができます。LINE公式アカウントを取得後、LINEが提供する「MessagingAPI」を使ってチャットボットの開発を行います。「Messaging API」を使うと、LINE公式アカウントと対話するユーザーに対して、メッセージを返信したり、いつでもユーザーにプッシュメッセージを送ることができます。ユーザーに送信できるメッセージのタイプも様々です。

しかし、応答メッセージを送るには、想定される会話内容と、それに対する応答をあらかじめ用意しておく必要があります。そのため、ユーザーからの質問を幅広くカバーしようとすると膨大な時間や労力がかかることも。また、最新情報への更新など、運用が煩雑になることもあります。

「とりもち」をLINEチャットボットに活用するメリット

LINEチャットボットに「Ballooon_RWとりもち」を利用すれば、面倒なシナリオ設計なしでリテンションマーケティングが実現できます。

「Ballooon_RWとりもち」は、テキストを分解し、特徴的なワードで知識ネットワークを構築しレコメンドを行います。この機能をLINEチャットボットに応用し、関連する記事をタイムライン上に表示することが可能です。関連する記事の判定は都度「とりもち」が行うため、記事を毎回設定するなどの手間は必要ありません。また、常に最新の記事を取り込むなどの設定も可能です。

リテンションマーケティングは効率的な運用がカギ

リテンションマーケティングでは顧客と長期的な関係を築くことが必要です。せっかくユーザーとの接点を作っても、運用の負荷が大きすぎてしまうと短期的な施策で終わってしまったり、ユーザーへのサービスの質が落ちてしまうことも。リテンションマーケティングは、長期的な施策であるからこそ、いかに効率的に運用できるかがカギとなるのです。

リテンションマーケティングを効率的に。LINE公式アカウントを活用しよう

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

Googleの発表したPrivacy Sandbox。広告のターゲティングへの影...

2021.11.26 17:00

Cookie規制でWebマーケティングはどうなる?とるべき対策とは

2021.11.12 17:00

UX重要指標『コアウェブバイタル』のこと知っていますか? メディア担当者が理解し...

2021.1.12 20:30

ブーストマガジンについて
ページトップ