大塚家具3Dシミュレーションサービス 利用イメージ

【家具の3Dシミュレーター】大塚家具がサービス発表

2016.9.20 17:05 更新

読了時間:8分9秒

株式会社リビングスタイルのインテリア3Dシミュレーターを株式会社大塚家具が採用

株式会社リビングスタイル

株式会社大塚家具がインテリア業界向けITサービスを提供する株式会社リビングスタイルの提供するインテリア3Dシミュレーターを採用し、全国に展開するショールームで3Dコーディネートサービスを提供します。

インテリア業界向けITサービスを提供する株式会社リビングスタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役:井上俊宏)は、株式会社大塚家具(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大塚 久美子)がリビングスタイルの提供するインテリア3Dシミュレーターを採用し、同社が全国に展開するショールームで3Dコーディネートサービスを展開することを発表致します。

 

株式会社大塚家具では、これまでも全国に展開する同社のショールームでパソコンのシミュレーションソフトを利用したコーディネート提案を行っていました。しかし多様化する顧客ニーズに対応し、接客シーンや場所を選ばず顧客に最適な提案を行うために、今回リビングスタイルが提供するPC向け「Webインテリア3Dシミュレーター」、「iPad版インテリア3Dシミュレーター」、さらに昨今話題のAR(拡張現実)技術を利用したスマートフォン向けアプリケーション、計3つの製品を採用し、9月15日よりサービス展開することとなりました。

今回の採用により、大塚家具の各ショールームではPCおよびiPad版 3Dシミュレーターによる精緻なコーディネート提案が、外商部門においてはスマートフォン向けARアプリによるタイムリーな提案が提供されることになります。さらにiPad版インテリア3Dシミュレーター「IDC OTSUKA 3D」およびスマートフォン向けARアプリ「IDC OTSUKA AR」はアプリケーション配信サイトに公開されます。一般のiPadおよびスマートフォンユーザーでもこれらのアプリをダウンロードして、大塚家具オリジナル商品の3Dデータを利用したコーディネートを手軽に楽しむことができます。

 

今回のサービスでコーディネートできる商品は、サービス開始時点では過去最大の約500点にのぼります(株式会社リビングスタイル調べ)。その後も商品点数は順次追加され、2018年までに2,000点を超える日本最大級の規模となる予定です。

 

当社ではこれからもITを使った様々なソリューションを提供し、消費者がインテリアをより楽しみながら、住空間のクオリティを高めるためのサポートを行ってまいります。

 

 

大塚家具3Dシミュレーションサービス 利用イメージ

大塚家具3Dシミュレーションサービス 利用イメージ

大塚家具3Dシミュレーションサービス 利用イメージ

大塚家具3Dシミュレーションサービス 利用イメージ

IDC OTSUKA AR利用イメージ

IDC OTSUKA AR利用イメージ

IDC OTSUKA AR利用イメージ

IDC OTSUKA AR利用イメージ

 

大塚家具3Dシミュレーションサービス
https://www.idc-otsuka.jp/3dar/
iPad版3D シミュレーター「IDC OTSUKA 3D」について
アプリ名:IDC OTSUKA 3D
提供開始日: 2016年9月15日
ジャンル:ライフスタイル
価格:無料
対応OS: iOS (iPad専用アプリケーション)
AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/idc-otsuka-3d-da-zhong-jia/id1147055981

スマートフォン向けAR(仮想現実)アプリケーション「IDC OTSUKA AR」について
アプリ名:IDC OTSUKA AR
提供開始日: 2016年9月15日
ジャンル:ライフスタイル
価格:無料
対応OS: iOS、Android
AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/idc-otsuka-ar-da-zhong-jia/id1147917272
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.idc_otsuka.idcar&hl=ja

<Webインテリア3Dシミュレーターについて>
Google ChromeやMicrosoft Edgeといった最新のWebブラウザ上で動作します。CADなどの専門的な知識を必要とせず、マウスの操作だけで間取り作成、家具の選択・配置、3Dでのウォークスルーや部屋全体の確認といった一通りの操作ができ、イメージ通りのコーディネートを行う事ができます。シミュレーションに使用する家具の3Dデータは実際に販売されている家具を3D化したもので、プリセットで予め用意された間取りだけでなく、任意の形、大きさの部屋を作製し、実際の生活と比較しながらシミュレーションを行えます。

 

<iPad版インテリア3Dシミュレーターについて>
間取りの作成からアイテムの配置、ウォークスルーまでインテリアシミュレーションのすべての作業が簡単な画面タップ操作だけで行うことができます。優れた操作性により、接客をしながら、また実際の商品を説明しながら、様々な場面でコーディネート提案を行うことが可能になります。マルチタッチジェスチャーに対応し、配置モードとウォークスルーモードを切り替える必要がなく、直感的な操作でのインテリアシミュレーションを行うことができます。

 

<株式会社リビングスタイルについて>
リビングスタイルは、2007年10月に設立された、Web3D技術を利用してインテリアのレイアウトシミュレーションサービスを提供するサービスプロバイダです。直感的に操作できるインテリアシミュレータにより、簡単でエンターテインメント性の高いインテリアコーディネーション機能を提供します。IT技術によりユーザの住空間に「自由」と「創造」をもたらす企業を目指しています。
コーポレートサイトURL: http://www.livingstyle.co.jp/

Copyright © 2016 LivingStyle, Inc. All rights reserved.
※本資料に記載の商標は各社の商標です。

<本件に関するお問合せ先>
株式会社リビングスタイル 広報担当: 坂本
TEL:050-3821-2705
FAX:050-3737-2429
Email: press@livingstyle.co.jp

元記事を読む


関連記事

スマホで部屋作りを3D体験
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ