ブレーキが効かない…運転で知っておくべき5つのポイント

2018.1.27 20:07 更新

読了時間:4分39秒

キャンパーは特に気をつけたい、真冬の運転で注意すべき「5つのこと」

真冬もキャンプへ行く人は「運転」に注意!

幻想的な冬のキャンプですが、実際は抜かりない装備と対策が必要です。まず気をつけたいのが、道中の運転。

普段、降雪量が少ない地域で生活している方は、慣れない雪道にもかかわらず気を抜いてしまい、思わぬ事故につながりかねません。そうなる前に、アウトドアはもちろん普段も役立つ真冬の運転の注意点をチェック!

square_rootさん(@route.106)がシェアした投稿

真冬の運転で一番危険なのが「スリップ」
まずは基本的な、スリップしないようにする運転の仕方から。これはきっと運転者の多くが実践しているスキルですね。

出典:PIXTA
まず気をつけたいのがスリップ。雪上でスリップしてしまうと、いつものようにブレーキを踏んでも制御がきかず恐ろしく危険です。急発進・急ブレーキ・急カーブはいつも以上に注意しましょう。衝突を防ぐために、車間距離はいつもの三倍は取るよう心がけを。

出典:PIXTA
また、車線変更は極力控えめにする、カーブ中はブレーキを踏まないなどスリップに陥りやすい危険要素を排除することも重要。

フットブレーキだとタイヤがロックされてしまいブレーキが効かなくなる可能性があるため、下り坂はエンジンブレーキを使います。
雪道【車の雪対策チェックリスト】大事故に繋がるその前に!知っておきたい14の注意点この冬、 キャンプはもちろん旅行やスキー・スノーボードを楽しみに、雪の降る地域に車で出かける方も多いのではないでしょうか。雪道対策は万…

真冬の安全運転のために注意すべき「5つのこと」
1. アイスバーン

出典:PIXTA
一度溶けた雪が再び固まった「アイスバーン」は、非常に滑りやすくなっています。一見濡れたように見えるが実は凍っているという「ブラックアイスバーン」は、さらに危険。

凍結に気づかず雨の時と同じ感覚で走っていると、急なスリップ事故につながることも。アイスバーン上を走る際は、低速走行が原則です。
2. 車上の雪

出典:白馬ハイランドホテル スタッフブログ
どっさりと車に積もった雪。視界確保のためフロントガラス上の雪だけ落として出発……してはいけません! ブレーキをかけた拍子にフロントガラスに雪が落ちて視界が遮られる危険があるため、屋根の上の雪もしっかり落としてから発進しましょう。
雪道に強い車にするために!車選びから装備までまるっと解説雪道に強い車特集!車選びや装備やドライビングについて完全網羅で解説。雪道に強い車選びでは、親しみのある国産車を中心に紹介!また、雪中ド…

3. エンジンオイルの点検

出典:PIXTA
真冬に起こりがちなのが、温度によって粘度が変化するエンジンオイルによるトラブル。真冬にオイルの粘度が高くなり固まることでエンジンがスムーズに作動しない場合があります。

冬の山間部などでこの状態になると車を動かせなくなる危険があるので、定期的にエンジンオイルの点検を。量が少なければ、補充か交換をしておく必要があります。
4. 給油は早めに

出典:PIXTA
暖房でエアコンを使ったり低速走行でいつも以上に時間がかかったりと、何かと燃料の減りが速い真冬の運転。ガソリンは常に満タンを心がけ、半分を過ぎたらなるべく早めに給油をしておくと安心です。

5. エンジンをかけたまま雪の中で過ごさない

真冬の車中泊など、エンジンをかけたまま車内に居るのは絶対NG! これはマナー的側面だけでなく、もし雪が積もって排気管を覆ってしまった場合、排ガスが車内に逆流して一酸化炭素中毒に陥るという命の危険にかかわる問題です。

調理は外で短時間で済ませたり、暖房は車の電力以外の方法を考えましょう。

「キャンパーは特に気をつけたい、真冬の運転で注意すべき「5つのこと」」の続きを読む

CAMP HACK

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

外に出たくなる!今感じるECにはない良さ

2019.4.5 12:06

歩く幸せ。【布団系お洒落】でスタイリッシュアウトドア

2019.4.4 12:06

お洒落ってなに?歴史をヒントに考えてみる

2019.4.3 12:06

人気記事ランキング

ブーストマガジンについて
ページトップ