星野リゾート 青森屋

星野リゾートで郷土鍋を囲む

2016.10.31 12:05 更新

読了時間:6分40秒

寒い冬に食べたい!郷土の味を堪能できる青森屋オリジナル「冬の四大鍋」登場【星野リゾート 青森屋】

株式会社星野リゾート

「星野リゾート 青森屋」では、2016年12月1日から2017年3月31日までの期間、施設内にある4つのレストランにおいて、郷土の味を堪能できる鍋料理が登場します。青森屋の敷地内にある古民家レストラン・南部曲屋の「いちご煮鍋」を始め、青森の郷土料理や自然の表現を織り交ぜた青森屋オリジナルの鍋料理です。

星野リゾート 青森屋

青森屋限定 冬の四大鍋

http://noresoreaomoriya.jp/nukuda/

 

【背景】

寒さ厳しい青森でのご滞在中に、体が温まる温かいお料理をご用意したいと考え、鍋料理に注目いたしました。青森屋には、郷土のぬくもりを感じるレストランや、夏祭りの熱気を表現したレストランなど、コンセプトの異なる4つの食事処があります。各食事処のコンセプトに合わせ、郷土料理や地域性にちなんだ鍋料理を提供いたします。

 

【冬の四大鍋ラインナップ】

1.いちご煮鍋/古民家レストラン「南部曲屋」

いちご煮鍋/古民家レストラン「南部曲屋」

古民家レストラン「南部曲屋」では、ウニとアワビを使用した「いちご煮鍋」が新登場。ウニが、朝もやに霞む野いちごのように見える八戸郷土料理のお吸い物「いちご煮」をベースにした鍋料理です。ハレの日に食されるいちご煮は、数ある郷土料理の中でも特に贅沢な料理のため、海の幸・山の幸を使用した会席料理を提供する「南部曲屋」にぴったり。熱々の石鍋に、野菜や豆腐などの具材を入れ、最後にお客様の目の前で出汁を注ぎ仕上げます。熱々の鍋で、ウニとアワビの旨みをたっぷりと味わうことができます。

■期間:2016年12月3日(土)~2017年3月26日(日)の土・日
*2016年12月23日(金)~2017年1月3日(火)は毎日
■時間:17:30~21:00
■場所:古民家レストラン「南部曲屋」
■料金:1泊2食付 お一人様21,000円~

2.たこの道具鍋/バイキングレストラン「のれそれ食堂」

たこの道具鍋/バイキングレストラン「のれそれ食堂」

白い割烹着姿の「かっちゃ(=お母さん)」がお出迎えするバイキングレストラン「のれそれ食堂」では、青森下北地方の漁師たちに親しまれている「たこの道具鍋」が登場します。たこの道具鍋は、人参や葱などの野菜と、蛸の内臓を使用した郷土料理で、蛸の内臓独特の歯ごたえある食感を楽しめます。道具とは「蛸の内臓」を意味しており、内臓は生きるために必要な道具であるということから由来しています。田舎のお家を彷彿とさせるお食事処で、かっちゃが料理を運ぶ姿を見ると、まるで故郷の家に帰ってきたかのような気分に浸れます。

■期間:2016年12月1日(木)~2017年3月31日(金)
■時間:17:30~21:00 *状況により時間変更あり
■場所:バイキングレストラン「のれそれ食堂」
■料金:1泊2食付 お一人様15,500円~

3.八甲田雪見鍋/ショーレストラン「みちのく祭りや」

八甲田雪見鍋/ショーレストラン「みちのく祭りや」

冬の寒さも吹き飛ばすような夏祭りが通年で繰り広げられるショーレストラン「みちのく祭りや」では、青森県の八甲田山に降り積もる雪を表現した「八甲田雪見鍋」を召し上がれます。牛肉や白菜、葱などを、豆乳ベースの出汁で煮立て、たっぷりとメレンゲをのせています。雪を表現するふわふわとしたメレンゲの口当たりと出汁が浸みた具材の旨みを楽しめます。雪をイメージさせる冬限定の鍋料理と、熱い夏祭りのショーから青森の文化体験を満喫できます。

■期間:2016年12月1日(木)~2017年3月31日(金)
■時間:18:45~20:25
■場所:本館2階 ショーレストラン「みちのく祭りや」
■料金:1泊2食付 お一人様18,000円~

4.魚介の旨み鍋/飲み処「ヨッテマレ酒場」

魚介の旨み鍋/飲み処「ヨッテマレ酒場」

24時まで郷土の酒やつまみを楽しめる「ヨッテマレ酒場」では、「魚介の旨み鍋」が登場します。えびやイカ、ほたてなどの魚介と、長いもやごぼうといった野菜を使用し、トマトスープで煮込んだ鍋料理で、魚介から出る出汁と辛味の効いたスープが特徴です。魚介と野菜のコクが酒の味を引き立たせるので、「ヨッテマレ酒場」の種類豊富な地酒の中から、お好きなものを選んで一緒に味わうのもおすすめです。鍋の〆は、にんにくを熟成させた黒にんにくを加えた雑炊。最後の一口まで、海の幸と山の幸のコラボレーションを味わえます。

■期間:2016年12月1日(木)~2017年3月31日(金)
■時間:19:00~24:00
■場所:本館1階 飲み処「ヨッテマレ酒場」
■料金:「魚介の旨み鍋」一人前3,240円、地酒各種1合1,080円~

*いずれの鍋料理も、仕入れ状況により、内容や食材の産地が一部変更になる場合がございます。

 

【今後の展開】

青森屋は、青森の郷土料理を絡めた新しいメニューの開発を進めていくと共に、青森屋が提供する4つの鍋料理を冬の定番メニューとして定着させていけるようすすめてまいります。

星野リゾート 青森屋

「のれそれ青森~ひとものがたり~」(のれそれは目一杯、一生懸命の意)をコンセプトに、ショーレストラン「みちのく祭りや」や、豊富な料理が並ぶバイキングレストラン「のれそれ食堂」、良質な泉質に癒される温泉「浮湯」など、青森文化を満喫できる温泉宿です。
〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56/客室数 236室
http://noresoreaomoriya.jp/

リリースを公式サイトでチェック
http://www.hoshinoresort.com/information/release/2016/10/21557.html

元記事を読む


関連記事

【小山薫堂プロデュース】新宿で、日本最古のリゾートホテル 金谷ホテルの老舗の味を楽しめる
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ