AppleがARに関する特許を取得。新たな流行が近い?

2017.8.5 20:07 更新

読了時間:2分54秒

アップル、ARヘッドセットに関連する特許取得

アップルは先日開発者向けに公開したARKitを、秋に予定されているiOSアップデートでAR対応を多くのiOSデバイスで行おうとしています。Patently Appleによると、アップルから新たに公開された特許はARプラットフォームを補完するためのARヘッドセットが描かれています。

新たに公開された特許はヘッドセットを被るタイプのデバイスを装着

アップルによって新たに公開された特許は、ディジタル情報を現実の世界に重畳するためのデバイスをどのように使用するかについて記述されています。本特許では、たとえば建物のデベロッパーがこの技術を用いることで、目の前にあるモバイルデバイスに表示された画面の中で“興味のあるポイント”を強調できるとしています。

この特許で最も気になるのは、アップルがARを実現するためにヘッドセットを着用しているシナリオがあることです。現在、アップルが発表しているのは、スマートフォンを使った簡易的なAR機能です。より本格的に、そして長時間の使用を考えるとヘッドセット型やメガネ型のデバイスが必要となります。

ヘッドセットの詳細は特許では述べられていないですが、いくつかの記述や図からある程度の推測ができます。図で示されているARハードウェアは、MicrosoftのHoloLensよりもGoogle Glassに近いものを想定しています。また、特許では「ビデオシースルー型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)」と呼ばれており、カメラで読み取った映像にデジタル情報を被せて表示する方式が提示されています。ビデオシースルー型は、Hololensなど透過型の光学シースルー型HMDとは異なります。

特許内のHMDは、ユーザーの環境を取得したり、自身の空間中における位置や手、指をトラッキングするためのカメラが備わっています。また、ヘッドセットであるため、両手が自由になり、目の前に広がるAR環境に対して手で自由にインタラクションできます。

iOS11で正式リリースされるARKit、アップルの今後のAR戦略は

ARKitはすでにiOS11が公式にリリースされる前から開発者がデモアプリを作成して動画を公開しています。これらのデモから、ARKitを使ったアプリは大きな可能性を秘めていると考えられます。

「アップル、ARヘッドセットに関連する特許取得」の続きを読む

getnews-logo

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

レコメンドウィジェット型だけじゃない?さまざまなネイティブ広告の特徴とメリットを...

2022.11.25 17:00

なぜ注目されている?今さら聞けない動画マーケティングのメリットとデメリットを解説

2022.11.18 17:00

クリック率の上がるタイトルを目指そう。記事タイトルの重要性とポイントを解説

2022.11.11 17:00

ページトップ