【ドローンキーパーソンインタビューVol.12-1】DJIのエースパイロット 中村佳晴氏の意外な仕事

2017.7.19 12:07 更新

読了時間:2分56秒



先日、エントリーユーザー向けセルフィーミニドローンのSparkを発売したDJI。その技術と商品力の優位性は非常に高い。そして、その日本法人のDJI JAPAN株式会社(以下、DJI JAPAN)でエースパイロットを務めるのが、今回インタビューする中村佳晴氏だ。DJI JAPANが発表する卓越したドローン空撮映像や、イベントでのデモンストレーションなどでもおなじみであるドローングラファの中村氏。4回連載の1回目となる今回は、DJI JAPANのパイロットの仕事についてお話を伺う。

DJI JAPANのエースパイロットでドローングラファの中村佳晴氏

田口 早速ですが、DJIのパイロットは普段、どのようなお仕事をされているのでしょうか?

中村 大きく分けて3つあります。1つ目はDJI製品のPRをするための映像制作やイベントでのパイロット業務。2つ目はDJI CAMP(技能認定プログラム)のインストラクターなど、ドローンフライトの安全に関わる業務。そして3つ目は、関連団体への説明や資料作成です。

田口 ドローンパイロットはドローンを操縦する仕事が大半なのだと思っていましたが、幅広くいろいろなお仕事をされているのですね。

中村 そうですね。DJI JAPANは現在、社員が120名ほどいるのですが、その中でもパイロットは、ユーザーに最も近い立場だと思っています。ドローンの機体は使ってみないとわからないことも多いので、製品に触って感じたことをフィードバックしています。それから、新型機体や新しいファームウェアの検証なども行っています。

田口 僕は新機種のレビュー記事を書く機会も多いのですが、ドローンはマニュアルやスペック表だけではわからないことも多いし、いろいろな状況で使ってみて初めてわかる不具合もありますよね。

中村 そうなんです。実際にいろいろな場面でフライトさせるのは、重要ですね。ほかにも、国土交通省で指定されている「資料の一部を省略することができる無人航空機」への機体登録調整などもやっていますよ。

「【ドローンキーパーソンインタビューVol.12-1】DJIのエースパイロット 中村佳晴氏の意外な仕事」の続きを読む

drone_owners


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ