Apple/YouTube

閲覧注意!Appleが本気出して作った世紀末パニック動画が吹き出す面白さ

2017.6.26 12:07 更新

読了時間:2分20秒

Appleが描く世界の終焉。世界からアプリが消えたなら? #WWDC17

Apple/YouTube
Image: Apple/YouTube

Apple(アップル)開発者向け会議「WWDC」。今年のキーノートは、コメディ動画からのスタートでした。タイトルは『APPOCALYPSE』。どんな内容かというと、新発表の期待に溢れた会場の緊張感を、しょっぱなでふっと柔らかくするようなコメディもの。世界からアプリが消えてしまったら…という世紀末パニック動画です。


Video: Apple/YouTube

Appleに新しくやってきた男性。オフィスがごたついているという理由で、アプリストアのサーバールームに一時的にデスクを準備されます。自分の持ち物を充電するため、コンセントを1つ外すと…。サーバーはシャットダウン、世界中の人々の端末からアプリが消え、街はパニックに!

ナビが使えずに道路では大事故、フェイススワップができず整形手術を受けるカップル、セルフィーは印刷されたものを配るしか術がなく。ネットのアプリストアに変わって、闇市のようなアプリストアまで開かれることに。というわけで「世界はアプリ開発者のみなさん頼みです」というメッセージでWWDCスタートとなりました。

WWDCが終わって振り返ってみれば、大きなリニューアルが発表されたApp Storeのためのオープニングでしたね。新入社員の男性が使っていたのが、イヤフォンでつなぐiPodというのは、HomePodへの伏線だったのでしょうか。

Appleの描く世紀末、正直、Tinderはリアルよかったですけどね。そういえば、クレイグ・フェデリギ氏のデモでもTinderネタでてきましたよね、AppleはTinder好きですね。

Image: YouTube
Source: YouTube

(そうこ)

元記事を読む

gizmodo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ