人工知能とピアノ連弾する世界

Google開発 AIとピアノ連弾

2017.2.28 08:05 更新

読了時間:3分28秒

人工知能とピアノ連弾する世界

人工知能とピアノ連弾する世界

※出典:GIZMODO

1人だけど1人じゃないような。

自分だけの1人の時間が欲しいけれど、ずっとひとりぼっちなのは嫌。人間てのは小難しくてワガママな生き物です。だからこそ、人工知能の世界も広がっていくのでしょうね。こんにちは、AIピアニスト。

Googleのチームが開発したA.I. Duetは、人間と連弾してくれる人工知能です。使い方はとてもシンプル。ウェブプレイヤーを起動した状態で、鍵盤を叩き音楽を奏でます。すると、その曲に応えるように、今度はA.I. Duetが演奏するのです。言うなれば、人工知能と人間がピアノでジャムセッションをするようなもの。

人工知能とピアノ連弾する世界 1

※出典:GIZMODO

さっそくA.I. Duetとセッションしてみたのは、米GizmodoのDickinson記者。ピアノ演奏はど素人レベルとのことで、セッションは最初は上手くいかなかったそう。が、やっていくうちに徐々によくなっていったといいます。時には、自分の演奏が終わる前にAIが演奏を始め、2人(?)で完璧な音を作り出すことも。人間同士でも気の合う合わないはあるでしょうから、人工知能とも初めはうまくいかなくてもわかる気がします。

動画にて仕組みを解説するのは、A.I. Duetの開発者。マシンラーニングを使うことで、コーディングを用いて音楽を作る新しい方法を作りだすといいます。この音を出せば次はこれ、音階がこうなら次はこうってな具合に、あらかじめルールを定めてコーディングに組み込み、あとはマシンラーニングに音やタイミング、組み方のマッピングをまかせます。

体験したDickinson記者は、孤独をやわらげるし、時間つぶしで楽しく遊べると言いつつも、AI技術にぼんやりとした不安を抱いたのでありました。

イーロン・マスク「AIに勝てないなら、自分がAIになっちゃえばいいじゃない」

image: Google, Alex Dickinson
source: Google, Google Developers – YouTube

Sophie Kleeman – Gizmodo US[原文
(そうこ)

元記事を読む

gizmodo

関連記事

いまからギタリストになる方法

人工知能に英語を教わる時代

【羽生さん、信じてる…】人工知能の次なるターゲットは将棋?日本が誇る稀代の名人、羽生善治は人工知能に勝てるのか
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ