株式会社クリエイティブホープ 代表取締役会長 大前創希氏

【ドローンキーパーソンインタビューVol.8-1】趣味で撮影した映像がコンテスト準グランプリに。そこから起業へ

2017.2.15 15:05 更新

読了時間:3分12秒

ドローン業界に少し変わった人物がいる。IT企業を経営しながらドローン関連企業へ投資を行い、投資先の企業において自らドローンパイロットとして映像制作も行っている大前創希氏である。何を隠そう、投資先は筆者が代表取締役を務める会社「株式会社Dron é motion(以下ドローンエモーション)」である。

大前氏は、自治体のドローン活用についてメディアやシンポジウムなどで数多く情報発信するほか、ドローン空撮コンテストで準グランプリを受賞するなど、ドローン活用の識者としてだけでなく、実務者としても活躍している。
今回から4回に渡り、大前氏にドローン空撮の可能性や、空撮と編集のテクニックについてお話を伺う。

IT企業経営者にしてドローンパイロット、そしてドローン関連企業の投資家

【田口】では、まず大前さんがもともと取り組まれている事業についてお聞かせください。

Webコンサルティングをメイン事業とした株式会社クリエイティブホープを13年間経営しており、Webの活用に関する戦略やマーケティングなど、お客さまの課題を総合的に解決していく提案をしています。最近では「新規事業を立ち上げたいけど、どうすればいいかわからない」というお客さまのお手伝いもしていますので、事業戦略コンサルティングという位置づけも大きくなってきているのかなと思います。

株式会社クリエイティブホープ 代表取締役会長 大前創希氏

株式会社クリエイティブホープ 代表取締役会長 大前創希氏

【田口】なるほど。そういった事業はドローンと関連が薄いように思います。何かきっかけがあったのでしょうか?

最初は仕事ではなく、AR DRONE2.0が発売になったときに、フォルムデザインがカッコよかったということと、ほかのラジコンと比べて圧倒的に性能が優れているというニュースを見て買ってみたいと思ったのがきっかけです。

元記事で続きを読む

drone_owners
 
 
 
 
 

関連記事

【ドローンキーパーソンインタビューVol.7前編】ドローンに感じた新しい市場への可能性。DJI正規代理店 若手社長の視点

【ドローンキーパーソンインタビューVol.6前編】異色の経歴からドローンフィールドオーナーへ

【ドローンキーパーソンインタビューVol.5前編】誰でも楽しめるレーシングドローン「DRONE RACER」ができるまで
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ