ドローン・サーキットSPLASHオーナー 山崎英紀氏

【ドローンキーパーソンインタビューVol.6後編】ドローン愛好家のコミュニティとしてのフィールドを作りたい

2017.1.12 15:05 更新

読了時間:4分34秒

前編では、プロカメラマンだった山崎氏がドローンに出会ってから、ドローンパイロットとしてレースやイベントに参加し、ドローンスクール講師として活躍するようになった経緯を伺った。今は仕事の半分以上がドローンスクール講師だという山崎氏だが、現在オーナーをしているドローンフィールド「ドローン・サーキットSPLASH」も非常に興味深い。そこで後編となる今回は、そのフィールドについて詳しくお話を聞いていきたい。

ドローンスクール講師が転じてドローンフィールド経営へ

【田口】ドローン・サーキットSPLASHはどんな経緯で立ち上げたのでしょうか?

講師としてドローンスクールを開校するに当たって、雨天でも飛ばせる倉庫のような屋内フィールドを探していたんです。受講生から講習料をいただくことになるので、ちゃんとした場所を用意したくて。でも、物件を見てみたら結構家賃が高いんですよ。

【田口】相場はどれくらいなんですか?

100坪で50万円くらい。でもこの50万円を学校だけで払うのは負担が大きいので、これは一般の方にもご利用いただいてお金を稼がないと…と思ったのが、フィールドを立ち上げたきっかけです。

ドローン・サーキットSPLASHオーナー 山崎英紀氏

ドローン・サーキットSPLASHオーナー 山崎英紀氏

【田口】ドローンスクールの室内フィールドを探していたことが、きっかけだったんですね。それにしてもいい物件を見つけましたね。

ここを見つけたのは、たまたまなんですよ。物件探しの帰り道にこの近くを車で通ったんですね。そうしたら、空っぽの工場みたいなものが見えたので、なんだろう?と思って車をUターンさせて来てみたんです。家賃を聞くと、はじめはここもまぁまぁなお値段だったのですが、売上のシェアという形はどうですか?とダメ元で聞いてみたらいいですよって言ってくれて。それで借りることができました。

【田口】ここは天井も高いですし、ドローンを練習するにはいい環境です。今インタビューをさせていただいている2階はショールームになっていて、最新のDJI製品が並べられています。ここで練習したらテンションが上がりそうです。

ドローン・サーキットSPLASH

ドローン・サーキットSPLASH

フィールドの2階にあるDJI製品のショールームスペース

フィールドの2階にあるDJI製品のショールームスペース。セミナーなども開催される

フィールドの2階にあるDJI製品のショールームスペース

DJI製品が展示されている

実は、この2階は工場の社員食堂だったところなのです。奥には流しがあるのですが、ショールームにするならさすがにそれが見えてはよくないよね…ということで内装を変えました。現在では奥はシェアオフィスになっているんですよ。3社が入っていて、コンスタントに売上を上げています。

【田口】なるほど、経営面でも随所に工夫されているのですね。

元記事で続きを読む

drone_owners
 
 
 
 
 

関連記事

【ドローンキーパーソンインタビューVol.6前編】異色の経歴からドローンフィールドオーナーへ

ドローンサーキット取材レポ

【首都圏ドローンユーザー必見】近場で思う存分、飛ばせます。横浜にインドアドローンサーキット爆誕!
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

外に出たくなる!今感じるECにはない良さ

2019.4.5 12:06

歩く幸せ。【布団系お洒落】でスタイリッシュアウトドア

2019.4.4 12:06

お洒落ってなに?歴史をヒントに考えてみる

2019.4.3 12:06

人気記事ランキング

ブーストマガジンについて
ページトップ