LazyLoad(レイジーロード)とは?メリットとデメリットを解説

2023.6.23 17:00 更新

読了時間:3分37秒

近年、メディア運営者にとって、サイトの表示速度は重要な課題です。サイトの表示速度はSEOのランキングを左右するためです。サイトの表示速度を上げるために、「LazyLoad(レイジーロード)」の活用が効果的な場合があります。今回はLazyLoadとは何か、またメリット・デメリットについて解説します。

LazyLoadとは?サーバー負荷の軽減に有効?

LazyLoadは、画像などを遅延して読み込みさせる処理のことを指します。ブラウザは基本的に表示されたページにある画像すべてを一度に読み込もうとする特性があります。そのため、画像ファイルの容量が多ければ多いほど、画像の読み込みに時間がかかります。画像の読み込みに時間がかかると、サーバーに負荷がかかってしまいます。

LazyLoadは、ページにある画像などを一度に読み込まずに、ユーザーが画面をスクロールし、画像がユーザーの画面に表示されそうになったタイミングで画像読み込みを始めます。ページに複数の画像が置かれていたとしても、ユーザーは一度にそれらの画像を見るわけではありません。ページの下部にある画像は、ユーザーがスクロールした後に実際に目に入ります。さらに、ユーザーがページの上部を見て他のページへ遷移してしまった場合などは、下部の画像は読み込んでも実際にユーザーの目に触れることはなく、無駄になってしまいます。

LazyLoadは、ページを開いた瞬間にすべての画像を読み込むのではなく、実際に目に入るタイミングで読み込みを始め、無駄な画像読み込みをなくすため、画像の読み込み時間が短縮され、サーバー負荷の軽減につながるのです。

LazyLoadの実現方法

LazyLoadは、ソフトウェア開発のプラットフォームGitHubで公開されているライブラリを利用する方法もありますが、最近ではブラウザーの標準機能で遅延読み込みができるようになっています。 タグに「loading=”lazy”」と記述することで画像の遅延読み込みが実現できます。

LazyLoad実施のメリット

このように、LazyLoadを活用すれば、画像を読み込むタイミングをずらすことができるため、サイト全体の初期表示速度が向上します。冒頭に述べたように、ページの表示速度の向上は、SEOにおいても効果的なため、SEO対策としても有効と言えるでしょう。 また、ページの表示速度が遅いと、ユーザーストレスにつながり、ページ離脱につながる原因となります。表示速度を上げることでユーザビリティも向上すると考えられます。

LazyLoad実施のデメリット

ページの表示速度においてメリットの多いLazyLoadですが、デメリットもあります。LazyLoadのデメリットは、クローラーに画像を認識してもらえない場合があることです。クローラーは人間のようにスクロール動作は行わないため、遅延処理で読み込ませた画像を認識できない場合があります。 LazyLoadは、ユーザー視点ではメリットがありますが、クローラーから見るとデメリット要素になることを覚えておきましょう。

まとめ

LazyLoadを行うことは、ユーザビリティの向上やSEO対策に有効です。ページの表示速度やSEOにお悩みの方はLazyLoadを活用してみてはいかがでしょうか。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

記事の更新頻度はSEOに影響を与える?適切な記事更新について

2024.2.7 17:00

URL正規化の3つの方法。メリットとデメリットについて解説

2024.1.5 17:00

URLの正規化とは?正規化が必要なパターンを把握しよう

2023.12.1 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ