「取り急ぎお礼申し上げます」がNGになる場面とは! 知っておくべき社会人の日本語

2017.11.14 08:07 更新

読了時間:2分42秒

実はすごく失礼!「取り急ぎお礼申し上げます」がNGになる場面

社会に出ると、入社初日からメール・電話対応・文書作成に会議と、学生時代は知らなかった「社会人特有のコトバ」に直面する。

また、ベテラン社会人でも自分が「正しい」と思って使っていた言葉が、上司や先輩、取引先から指摘で「実は間違っていた」と気付かされた経験が、一度や二度はあるのではないだろうか。

社会人の日本語』(クロスメディア・パブリッシング刊)では、現役コピーライターとしてビジネスの現場で活躍しながら「漢字教育士」としても活動中の山本晴男氏が、そんな社会人が「つまずきやすい言葉」を約300語にわたって徹底解説している。

■「日本語のミス」は、あなたの信用をガタ落ちさせてしまう

言葉を駆使する政治家をみても、たった一言の失言やほんの少しの「言葉のミス」から、信用を失墜させてしまうケースはよく見受けられる。社会人にとっても、折角、能力や人柄を評価されて入社した会社で、日本語で失敗をしてしまうのは、あまりにもったいないことだ。

困ったことに、社会に出るとそういった「ミス」を誰かが指摘してくれることは少なくなってくる。そうなると、学ぶ機会を持たなければ、案外日本語の知識や理解というものは広がらない。日本語の「読み方」や「使い方」を誤解したまま時が過ぎ、ある日、ふとした瞬間に上司や得意先から指摘されて赤っ恥をかく、といったことも十分に起こり得ることなのだ。

■御礼の意味で送ったメールで、取引先から怒られた!

例えば得意先にメールを送るケースを考えてみる。前夜の会食の御礼を、翌朝取引先にメールで伝えるとしよう。

「取り急ぎ」という言葉は、社会人になると頻繁に使う日本語で、「何よりも先に」といった意味と理解している人が多い。御礼を伝える際のメールの文面に使用する人は少なくないはずだ。

ただ、「取り急ぎ」という言葉には「本来の手続きを略して、用件のみ伝える」というニュアンスが含まれる。上記の意味を正確に理解している人ならば、「取り急ぎ」という日本語は、御礼の意を伝える場合には適切でないことがわかるはずだ。

「実はすごく失礼!「取り急ぎお礼申し上げます」がNGになる場面」の続きを読む

getnews-logo

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ