知っておきたい! 収入から算出する「適正な家賃額」

2017.10.2 20:07 更新

読了時間:2分20秒

知れば節約につながる!収入に合った家賃の目安とは

家賃は家計の中で1番大きな固定費になります。節約を意識するなら自分の収入に対して本当はどれくらいの家賃が良いのか気になりますよね。一人暮らしを始める方や二人で暮らす部屋を探している方が、家賃の目安をどれくらいにすればよいのかを具体的に解説していきます。

賃貸物件の家賃を決めるポイントとは

© PIXTA

「家賃が高くても、気に入った部屋に住みたい」という方は多いでしょう。しかし、収入に対して家賃が高すぎると家計を圧迫し、支払いに四苦八苦することもあります。
物件を選ぶときは、希望やこだわりに優先順位をつけて妥協できるところは妥協し、無理なく支払える家賃にすることが原則です。

適正家賃は手取りの3分の1以内!理想は4分の1!

一般的に家賃は「月収の3分の1以内」が目安といわれていますが、最近の傾向として昔のように年齢が上がれば給与も上がるといった「年功序列型」の賃金体系は減少し、定期的な昇給もあまり期待できません。手取り収入は下がり、住宅手当なども縮小や廃止の傾向にあります。
また、インターネットの接続料や携帯電話など、昔はなかった費用がかかるようになりました。そのため、家賃は昔より低めに設定する方が、家計のうえでは安心です。適正な家賃は手取りの「3分の1」を上限と考えるとよいでしょう。
家賃という大きな固定費を抑えれば、他の生活費や貯金に回すことができます。特に、「人付き合いや趣味にお金を使いたい」、「手取りが少なくて毎月、やりくりが大変」という方は、家賃を「4分の1」に抑えてみてはいかがでしょうか。

「知れば節約につながる!収入に合った家賃の目安とは」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ