月2,500円以上オトク!? すぐできる「ガス節約術」総ざらい

2017.9.9 20:07 更新

読了時間:3分44秒

【月2,500円以上お得】今すぐできるガス代の節約術とは?

毎月ガス代の請求がくるたびにため息が出る・・・そんな方にガス代節約方法をご紹介します! プロパンガスと都市ガスはどっちがお得なの? といった疑問や使い方を見直すだけで、今すぐにできる節約術をご紹介していきます!

プロパンガスと都市ガスの違いは?

© PIXTA

ガスには「プロパンガス」と「都市ガス」の2種類があります。
どちらのタイプのガスが多いかは戸建てや集合住宅、地域によって傾向があります。
まずは2つのガスの違いをご紹介します。

プロパンガス

集合住宅に多いプロパンガスは省スペースでも設置ができ、災害時にも復旧が早いのでもしもの時には安心です。
また、熱量が多いので、中華料理などの火力が必要な飲食店ではプロパンバスが多く使われています。
多くの場所で利用されているプロパンガスですが、ガス代は比較的高い印象です。
プロパンガス料金はなぜ高くなってしまうのでしょうか。

【プロパンガスが高くなってしまう理由】

ガスボンベ交換作業に人件費がかかる

公共料金ではなく自由料金

設備の維持管理費用がかかる

ガス代は一律だと思っている利用者が多く、競争原理が働きにくい

各プロパンガス会社が独自で値段設定をしているにもかかわらず、そのことを知らない利用者が多いので、価格競争が進みにくいことも要因の一つです。
プロパンバスのご家庭は他のガス会社と料金比較をしてみてもよいかもしれません。

都市ガス

都市ガスは地下を通る配管からガスが供給されるので、インフラの整っている都市部で使われることが多いです。
ガス管の引き込み工事が必要なので初期費用がかかり、地震災害に見舞われると復旧まで時間がかかってしまいます。
また、プロパンガスと違い、都市ガスは発熱量が地域によって違うため、引っ越しなどでガス会社が変わるとガス器具の買い替えも必要になってしまうこともあるでしょう。
ガス代はプロパンガスよりも比較的に安く、公共料金のため急な値上がりなどはありません。

どっちがお得?

自由料金型のプロパンガスはもちろん、都市ガスも地域によって料金は変動します。
一例として、東京でのガス代を比較してみましょう。

※ガス料金の計算方法:本記事筆者宅の2017年2月検針の料金で比較。プロパンガス平均は相場価格。

【熱量から料金比較】

プロパンガスは都市ガスよりも2.23倍も熱量が高いので、同じ熱量に対する料金を正確に比較するためには、都市ガスに2.23を掛けます。

・都市ガス:7,301円
・プロパンガス:10,950円

熱量で比較した場合でも東京では都市ガスの方がお得に感じられるでしょう。

※地域や季節によって変動があります

参照 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

「【月2,500円以上お得】今すぐできるガス代の節約術とは?」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ