あなたの旅行先は大丈夫?! 海外で流行中の感染症情報

2017.12.18 17:07 更新

読了時間:3分43秒

年末年始の海外脱出組の皆さん!予防接種済んでますかー!?渡航先で気を付けたい病気の色々

 年末年始を海外で過ごす人の数が過去最高の70.4万人となる見通しと12月5日にJTBが発表しています。海外脱出組が増える事で気を付けたいのが、海外での感染症。世界へ羽ばたく前に注意しておきたいポイントをまとめてみました。(梓川みいな/正看護師)

さらに詳しい元の記事はこちら

■海外で流行りの感染症

 このところ特に注意なのが「はしか(麻疹)」。ヨーロッパ諸国などで去年から今年にかけて継続的に発生しています。日本での麻疹の発症者も海外からの持ち込みによるものばかりで、ライブ会場には麻疹の患者が紛れ込んでいた事で大騒動となったのも記憶に新しいところです。

 麻疹ワクチンによって2000年から2016年までに、世界での麻疹による死亡者は84%減少しましたが、依然として撲滅には至っておらず注意が必要な感染症です。特に、アジアの一部地域やアフリカなどでは公衆衛生の基盤が弱いため小児の死亡例も多い状態です。このため、海外へ渡航する人で麻疹の抗体がない人は予防接種が必須。

 もし感染してしまった場合、麻疹ウイルスに特化した抗ウイルスの治療法はないので対症療法のみの治療となります。こうなる事を予防するためには麻疹ワクチンの接種が一番有効。血中抗体はワクチン接種後約2週間から出現しますが、麻疹の患者と接触して緊急に発症を予防したい場合、接触後72時間以内に予防接種を受けることで発症を防御できる可能性があります。ただし、100%ではないので、やはり事前に予防接種を受けておくことが重要。抗体出現までの期間を考えるとそろそろ打っておかないといけませんね。

 現在主流となっているワクチンはMRワクチンという麻疹・風疹の二つの混合ワクチン。風疹も未だ海外で気を付けたい感染症なのでMRワクチンを今のうちに接種しておくと安心です。

ーーーーーー
【厚生労働省「年末年始における海外での感染症予防について」より。】
日本国内において、麻しんは、2015年、2016年それぞれ35例、159例(暫定)の報告があり、すべて海外での感染例とその方と関連した例とされています。また、2017年には、ヨーロッパでも15,000人を超える発生例が報告されました。
ーーーーーー

 その他の気を付けたい感染症として、蚊やマダニなどが感染源となるマラリアやデング熱、ジカウイルス感染症など多くの感染症が挙げられています。こういった感染症は発展途上国を中心とした衛生基盤の弱い地域で顕著です。渡航先の感染症についてあらかじめ調べておくことが重要です。

■渡航先が決まっている人は

 「外務省 海外安全ホームページ」で渡航先の安全に関する情報を総合的に得る事ができます。また、いざという時、在外公館などから緊急時情報提供を受けられる海外旅行登録システム「たびレジ」に登録しておくとお役立ち情報の提供、 緊急時の情報提供や緊急時の連絡を受ける事ができますので海外に行く人は登録しておく事をお勧めします。

「年末年始の海外脱出組の皆さん!予防接種済んでますかー!?渡航先で気を付けたい病気の色々」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ