アルコール度数7%なのに後味スッキリ!?『キリンのどごしSTRONG』を飲んでみた

2017.12.1 22:07 更新

読了時間:1分58秒

高発酵が実現したアルコール度数7%!『キリンのどごしSTRONG』最速試飲レビュー

本日(2017年11月20日)、キリンビールはアルコール度数7%の力強い飲みごたえと、すっきりした後味を両立させた、いわゆる「第三のビール」に相当する『キリン のどごし STRONG(ストロング)』を発表した。発売日は2018年1月23日で、350ml缶、500ml缶がラインアップされ、酒税法上の区分は「リキュール(発泡性)1」となる。

「ガツンときて スカッと爽快」その看板に偽りなし

まだ発売日はしばらく先の新製品だが、今回いちはやく見本缶を試飲する機会に恵まれた。さっそく飲んでみると、たしかにしっかりしたビール感がありながらも、高アルコール飲料ならではの“飲んだ”という満足感がある。

個人的な印象にはなるが、既発の高アルコール新ジャンル製品と比較しても、よりビールテイストの強い、ふくよかな味の広がりがあるように感じられた。

この点についてキリンは、スピリッツの添加率を増やすのではなく、同社独自の高発酵技術によって高アルコール化を実現したことによるものだと強調する。この製品で目指したのは、高アルコール製品でありながら「アルコール感を突出させない、ビールのような自然な香味バランス」なのだとか。

実際に飲んでみて、その狙い通りのドンピシャなテイストに、しみじみと納得させられた。

「高発酵が実現したアルコール度数7%!『キリンのどごしSTRONG』最速試飲レビュー」の続きを読む

DIGIMONO!(デジモノ!)

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

分散型メディアにはデメリットも。押さえておくべきポイントは?

2022.12.30 17:00

分散型メディアとは?メリットと運用のポイントを解説

2022.12.23 17:00

レコメンドウィジェット型だけじゃない?さまざまなネイティブ広告の特徴とメリットを...

2022.11.25 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ