普及の起爆剤に。東京都、白熱電球2個をLED電球1個と交換する試みを発表

なるほど 東京都 LED普及施策

2017.2.7 22:05 更新

読了時間:2分27秒

普及の起爆剤に。東京都、白熱電球2個をLED電球1個と交換する試みを発表

普及の起爆剤に。東京都、白熱電球2個をLED電球1個と交換する試みを発表

※出典:GIZMODO

これを機にむしろ白熱電球がバカ売れしたりして。

NHK NEWS WEBによりますと、東京都家庭での省エネ促進のため、白熱電球2個を電器店に持ち込むと、LED電球1個と無料で交換できるという試みを発表しました。なかなか奇抜なアイデアですよね。

都は、この取り組みにより100万個のLED電球の普及を目指すとしており、新年度予算案として18億円を計上したとのこと。

一般的に、LED電球は白熱電球より電気代が安くすむといわれていますが、イマイチ浸透しないのも事実。都はこの原因を、1個100円程度である白熱電球と、1,500円程度のLED電球との価格差にあるのではないかと睨んでいるそう。

小池都知事は「LED電球のメリットを多くの人に理解してもらう、普及のための起爆剤」とも語っていますよ。

短期的には、安い白熱電球を大量に持ち込んでLED電球を転売、なんて現象も起きそうですが、長期的には電気使用量の大幅な削減に繋がるかもしれません。

はたして、うまくいきますでしょうか。

オーバーサイズの段ボールなんてもう時代遅れ? ぴったりサイズの箱を自動で作るマシン

image: Chones / Shutterstock.com
source: NHK NEWS WEB
(渡邊徹則)

元記事を読む

gizmodo

関連記事

【道路で発電+α】太陽光発電できる道路。その多機能っぷりに驚愕

ついに電球まで緑化

【電源いらずのLEDランタン】ソーラー充電ランタンの「エムパワード」がレジャーにも防災にも活躍しそう
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ