「レグザサーバー/レグザブルーレイ」の「ネットdeナビ」対応

スマホアプリでTV録画予約

2016.10.27 08:05 更新

読了時間:4分41秒

東芝「レグザシリーズ」搭載の「ネットdeナビ」に、 テレビ視聴アプリ「DiXiM Play」が対応 11月サービス提供開始

スマホやタブレットからいつでもどこでも番組を録画予約が可能に

株式会社デジオン

株式会社デジオン(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:田浦 寿敏、以下 デジオン)は、東芝映像ソリューション株式会社(以下 東芝映像ソリューション)から発表されたブルーレイディスクレコーダー「レグザサーバー/レグザブルーレイ」へ新しく搭載された「ネットdeナビ」に、当社のネットワーク視聴用プレーヤー「DiXiM Play iOS版/Android版」が対応しました。本サービスは、11月中旬に提供開始いたします。
「ネットdeナビ」にはデジオンの「DiXiMリモートアクセスサービス プラス」技術が使われています。

「レグザサーバー/レグザブルーレイ」の「ネットdeナビ」対応

「レグザサーバー/レグザブルーレイ」の「ネットdeナビ」対応

●DiXiM Playとは
DiXiM Playは、レコーダーやNASなどに保存されたデジタル録画番組をスマホやタブレットで視聴するための宅外視聴・DTCP-IP対応のネットワーク視聴用プレーヤーアプリケーションです。
DiXiM Playを利用すると、同じネットワーク内だけでなく宅外からも自宅の「レグザサーバー/レグザブルーレイ」に接続して「ネットdeナビ」の機能を使うことができます。「ネットdeナビ」を使うことで、今まで以上に手軽にいつでもどこでもテレビ番組を録画予約することができます。

●「ネットdeナビ」とは
「ネットdeナビ」は、スマートフォンやタブレットで「レグザサーバー/レグザブルーレイ」への番組表を使った録画予約の設定、録画予約されている番組の一覧や録画した番組の一覧を見ることができる機能です。

<対応機器>
DBR-T2007/DBR-T1007/DBR-W1007/DBR-W507
(2016年11月中旬発売予定)

●「DiXiMリモートアクセスサービス プラス」とは
DiXiMリモートアクセスサービス プラスは、ブルーレイディスクレコーダーで録画したテレビ番組だけでなく、あらゆるデータをインターネット回線を利用して宅外からスマートフォンやタブレットで送受信できるソリューションです。サーバー機器側でWEBアプリケーションを構築することで、宅外から機器の設定や操作が可能になります。

●製品情報
対応製品           : DiXiM Play iOS版
                 DiXiM Play Android版
「ネットdeナビ」サービス開始日: 2016年11月中旬
販売価格           : 月額100円(税抜)
製品サイト          : http://www.digion.com/diximplay/

●デジオンについて
デジオンは、ネットワーク、マルチメディア、セキュリティに強みを持つソフトウェア開発メーカーであり、特に、ホームネットワーク分野において同社製品ブランドであるDiXiMによって確固たる地位を築いたリーディングカンパニーです。1999年に設立。福岡本社のほか、東京にブランチオフィスを設け、その製品は日本および海外のモバイル機器・家電機器・パソコンメーカーでご採用いただいています。詳細は、当社Webサイト http://www.digion.com/ をご覧ください。

○デジオン、DiXiMは、株式会社デジオンの登録商標です。
○「レグザ」「REGZA」は、株式会社東芝の商標または登録商標です。
○その他、記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

元記事を読む


関連記事

NHKらが8Kテレビを共同開発

地震の時、大型テレビが心配
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ