【車に積めるコンパクトバイク】ロシア製の「Taurus 2×2」なら荒れ地の主役になれる

2016.8.28 20:05 更新

読了時間:3分27秒

ぴょこぴょこ。カモシカみたいにどこでも走るバイク

Taurus 2x2

※出典:GIZMODO

こういう気張らないスタイルって好き。

世の中には高性能なオフロードバイクやトライアルバイクはいろいろありますが、もっと難しく考えないで自然を楽しみたい。そんな用途にピッタリなのが、極太タイヤを履いた小型バイク「Taurus 2×2」です。

ロシアからやってきたTaurus 2×2は前後に幅12インチ、直径25インチの極太タイヤを履き、バイクとしては一風変わった2WDシステムを取り入れています。だから荒れ地だろうが階段だろうが、すいすい乗り越えられるんですね。

Taurus 2x2

※出典:GIZMODO

沼にボチャン。そんな状況からもTaurus 2×2は極太タイヤと2WDシステムのおかげで復帰できます。

なお、本体に搭載しているのはなんとホンダのチェーンソー用モーター「GX210」。だからスペックやスピードよりも、軽量で気軽な乗り味を実現できているんですね。

Taurus 2x2

※出典:GIZMODO

本体重量は軽々な82kg。さらに小型モーターを搭載した仕様なら60kg以下にまで重量を落とせます。ここまでくると、ほとんどトライアルバイクと同じような軽さ。それにこの極太タイヤを組み合わせるんだから、ライディングが楽しいわけです。

Taurus 2x2

※出典:GIZMODO

ギアはLowとHighの2段階で、最高速度は35km/h。本体シャーシとタイヤをバラすことによってハッチバックのトランクでも運べます。そして、Taurus 2×2の本体価格は約1,100ドル(約11万円)。む、安い!

現時点では国際配送には対応していないようですが、ロシアの森をこんな楽しいバイクで駆けまわってみたいものですね!

source: New Atlas

(塚本直樹)

元記事を読む

gizmodo

関連記事

【見た目はジープ、中身は原付】ジープがそのまま小さくなっちゃった…ミニジープ「Big Force」が少年の心…

絶対に倒れないバイクって?

【レジャー・普段使い】小さいけれど頼れるヤツ、折りたたみ電動バイク「UPQ BIKE me01」
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

【PR】PostPetの「モモちゃん」に会える!桜の季節の中目黒で笑顔になれるひ...

2024.3.29 09:59

【PR】今こそ手に入れたい。ハローキティ50周年記念LEDシーリングライトでQO...

2024.3.21 09:00

ソーシャルボタン設置のメリットと効果的な設置方法

2024.3.14 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ