DRONE RACER

レースドローンが簡単に飛ばせる

2016.8.24 21:05 更新

読了時間:3分7秒

今年になって盛り上がっているドローンレースだが、実際に自分で飛ばすには、機体の組み立てや設定が必要な点や空撮ドローンと比べると操縦が難しい点など、初めてドローンをする人には、少々ハードルが高いのも実情。

そんな中、ラジコンメーカーの老舗である京商株式会社が、「DRONE RACER」を発表。

DRONE RACER

特徴は、世界初!ホイールコントローラーで、地上35cmの地面すれすれを滑空する点。
従来の操作の難しいドローンとは違い、付属するホイールタイプの送信機でまるで本格R/Cカーを操縦するように操れる新感覚のマシン。

超音波センサーにより、 ワンタッチ操作でテイク・オフから自動ホバリングするので、難しいフライト技術を習得する時間は不要とのこと。

初級モードと中級モードの2段階(Middle/Low)の速度切り替え機能搭載。
あとは、 意のままに自由に飛ばすだけ!ドローンレースの楽しみを手軽に体験するのに最適な機体になること間違いなし。

DRONE RACER

9月24日(土) 25日(日)に開催される第56回全日本模型ホビーショーでは、京商ブース内に専用のコースを設置。実際に「DRONE RACER」を体験することができる。

※DRONE RACERは、京商株式会社の登録商標です。日本商標登録第5814946号

□会場:2016 第56回 全日本模型ホビーショー 京商ブース内
東京ビッグサイト 西3・4ホール 東京都江東区有明3-11-1

概要
名称 :2016 第56回 全日本模型ホビーショー
http://hobbyshow.co.jp

開催日時:一般公開日
2016年9月24日(土) 9:30 – 17:00
2016年9月25日(日) 9:30 – 16:30

開催場所:東京ビッグサイト 西3・4ホール東京都江東区有明3-11-1

入場料 :1,000円(税込) ※中学生以下は無料
主催 :日本プラモデル工業協同組合
共催 :日本ラジコン模型工業会
後援 :経済産業省、 東京都
協賛 :静岡模型教材協同組合、 東京都科学模型教材協同組合、 東模会関西模型卸会、 名古屋模型流通協議会

問合せ先:日本プラモデル工業協同組合電話:03-3851-8830


関連記事

世界初 4K撮影対応ドローン

手軽に遊ぶ 屋内専用ドローン

【悪用禁止】最小ドローン

自撮り棒ならぬ自撮りドローン現る!コントローラー無しで自動撮影してくれる「ROAM-e」
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ