スポーツクライミング

【4年後 東京の新種目】スポーツクライミングっていったいなに?

2016.8.18 20:05 更新

読了時間:4分45秒

オリンピック決定のスポーツクライミングとは?実は強い日本選手

スポーツクライミング

アイキャッチ画像出典:iFSC

スポーツクライミングは、競技的要素に重点を置いたスポーツで、2020年の東京オリンピックの正式種目となりました。ロープを使わない「ボルダリング」などを含み、今後ますます注目されるスポーツクライミングと五輪で期待される選手もご紹介します!

オリンピック追加種目となったスポーツクライミングとは?

2016年8月4日、国際オリンピック委員会(IOC)は、2020年の東京オリンピックに、スポーツクライミングを正式に追加種目とすることを決定しました。

そもそも、スポーツクライミングとは一体何でしょう?最近人気のボルダリングとの違いは?と気になりますよね。スポーツクライミングについて簡単にご説明します。

スポーツクライミングとは、人工的に作った壁で、「ボルダリング」、「リード」、「スピード」の3つの種目を競うスポーツです。

本来は天然の岩場と対峙するロッククライミングですが、スポーツプライミングは、競技性を持たせ、スポーツ的要素に重点を置いた新しいジャンルのスポーツです。

では、現段階でオリンピックで検討されている「ボルダリング」「リード」「スピード」とはどんなことを競うのでしょうか。3つの種目を詳しく見ていきましょう。

【ボルダリング】

ボルダリング

出典:flickr

ボルダリングは、5m以下の高さの壁に固定されたホールド(人口の石のようなとっかかり)に、ロープを使わずに足や手をかけながらよじ登るスポーツ。

競技では、複数のルートが設定されていて、色テープで指定されたルート課題を時間内にいくつ完登できたかを競います。いかに少ないトライアル回数で登りきれたかが勝敗のポイントです。

【リード】

リード

出典:iFSC

リードクライミングは、ロープを途中途中のクイックドロー(ヌンチャク)にかけながら、登るもので、大会では、高さ12m以上の壁をどこまで登ったかを競います。

設定されたルートには、スタート地点から終了までのホールドに番号が振られていて、何番目まで到達できたかを判定します。

通常、最後まで登るのが困難な厳しいルートが設定されています。

【スピード】

スピード

出典:TwinDolphins

スピードクライミングは、高さ10m、もしくは15mのコースを、トップロープ(上から既にロープが垂れている)で登り、いかに速くゴールまで登り切るかを競います。

ただ、日本ではあまりメジャーでなく、できる施設もないことから、強化が課題となっています。

(参考=日本スポーツクライミングカウンシル

続きを読む

YAMAHACK

関連記事

【トリックアート×クライミング】大蛇の壁をよじ登れ!屋内複合遊戯施設「CROSPO」がリニューアル

【気分はジェームスボンド】スパイ潜入アトラクション「in SPY re」って?
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ