インテリアにもおススメな、水の動きで天気がわかる「Weather Cube」

2017.11.22 20:07 更新

読了時間:2分4秒

雨の日は気泡、風の日は波が立つ。水の動きで天気が分かる「Weather Cube」

朝、今日の天気をニュースやスマホでささっとチェックする人は多いと思う。ただ、出かける前に調べる手間がちょっと面倒で、急いでいる日にはチェックするのを忘れて、雨予報なのに傘を持ってこなかった……なんてこともありそうだ。

そこで注目したいのが、デザイナーのShoyu氏とHitomi Sato氏によって制作された「Weather Cube」。この作品はまだプロトタイプ段階で正式な商品化は未定だが、見た目の美しさとユニークな機能が気になるアイテムだ。

「Weather Cube」の特徴は、水の動きの変化から、天気が分かるようにデザインされているところ。シンプルなガラスでできたボックスの中の水が、天気の変化に合わせて動きを変えるのだ。

また、ガラスの表面には気温と時間が5秒ごとに、交互に表示されるので、時計としても便利なアイテムとなっている。

4つの異なる天候が、ボックス内に表される。晴れているときはそのまま、雨のときには気泡が立ち、風が強いときは波が立ち、霧の日にはボックス内に霧が出る。コンクリートでできた土台の中の天気情報レシーバーが、ウルトラソニックデバイスを使用して水の変化を起こすことで、天気を表現する仕組みとのことだ。

ミニマルながらも、インテリアとして部屋にあったら、飽きずに楽しめそうなデバイス。実際に商品化されていないのが残念だが、いつかされることを期待したい。

Weather Cube [Behance]

元記事を読む

roomie_logo

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ