肥満を回避! お酒とのスマートな付き合い方

2017.11.2 22:07 更新

読了時間:3分31秒

お酒は好きだけど太りたくない方へ朗報!太りにくいお酒はこれだ!

「お酒は太りやすい」という言葉、よく聞くことがありませんか?本当はお酒が好きでもっと飲みたいけれど、太ると言われると気になって気持ちよく飲むことができない、と飲み会などでナーバスな気持ちになんてなりたくありませんよね。しかしお酒にもいろいろな種類があるんです!アルコールと体の関係を知れば、太るとだけ思っていたお酒ももっと気軽に飲むことが出来るかも?お酒は好きだけど太りたくないあなたに、太りにくいお酒をご紹介します。

目次
お酒のカロリーは気にしたほうがいい?
危険なのはお酒のおつまみ!
食欲を増進させるお酒
太りにくいお酒とは
太りにくいお酒とその飲み方

お酒のカロリーは気にしたほうがいい?

お酒に含まれているアルコールのカロリーは、エンプティカロリーといわれています。エンプティカロリーは体内に蓄積されることはなく、カロリー内に脂質などの栄養素が含まれていないことから「エンプティ(空っぽの)カロリー」と呼ばれています。
お酒をのむときにカロリーを気にしてしまいがちですが、お酒に含まれるアルコール由来のカロリーはカロリーオーバーの原因にはなっていないのです。

ではなぜお酒は太ると言われている?

アルコールを摂取すると、顔に赤身を帯びたり、体が火照ったりします。これはアルコールに含まれるカロリーが優先的に代謝されているためです。
私たちの身体は、アルコールのカロリー消費を優先させる為に他の糖質・脂質などの消費を後回しにしてしまい、どんどん遅らせてしまいます。それが体内に残ってしまい脂肪として蓄えられ、「太ってしまう」という結果を生んでしまうのです。

危険なのはお酒のおつまみ!

Buffalo style chicken wings served with cold beer on wooden background

アルコールが体内に残っている間は、飲む前・飲みながら・飲んだあとに食べた物のカロリーは消費されにくい状態。ここで危険なものがおつまみです。残念ながらアルコールというものはおつまみがとても合う飲み物。おなかがすいていなくてもついつい食べ過ぎてしまう…この時食べるものに気を付けずに高カロリーな脂っこいものばかり食べると、それがそのまま体内に蓄えられてしまうのです。

食欲を増進させるお酒

アルコールには、胃液の分泌量を増やして消化を促す作用があるので、食欲を増進させます。中でもビールなどに含まれる炭酸ガスや苦味成分ホップは、胃壁を強く刺激するので食欲増進効果が高いといわれています。また、アルコールは脳の緊張をほぐす作用もあり、アルコールを摂取すると気持ちが緩み、食欲が増してくることにも関係してきます。

「お酒は好きだけど太りたくない方へ朗報!太りにくいお酒はこれだ!」の続きを読む

nomooo-logo

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ