ヨーロッパで人気のランニングウォッチ「TomTom Runner」とは?

2017.8.28 20:07 更新

読了時間:3分5秒

欧州で認知度が高いランニングウォッチ『TomTom Runner 3』の良い点と悪い点を分析してみた

南井正弘の「RUNNER’S DIGIHIGH」

現在所有するユニーカーは約1000足! 世界中のマラソンレースに出場する南井正弘が、ランナー目線で綴るデジタルの”グッとくる話”

オランダのアムステルダムに本拠を置くTomTomは、日本ではまだそれほど知名度が高くない。が、GPSマッピング技術やカーナビゲーションシステムを手掛けるブランドとして、欧米では高い評価を得ているブランドだ。

ヨーロッパでは携帯型ナビゲーションシステム(PND)で6割のシェアを獲得し、自動車専用ナビゲーションではシェアNo.1となっている国も少なくない。そんなTomTomが得意とするもう一つのカテゴリーがスポーツウォッチ。古くからのランナーには、かつてナイキ向けにGPS搭載ランニングウォッチをOEM供給していたブランドとして知られている。高精度なGPS機能やユーザーフレンドリーな操作方法etc……によって、フランスではNo.1ブランドに君臨するなど、こちらも高いシェアを誇っている。そんなTomTomから新機能「ルート探索機能」を搭載した高機能ランニングウォッチである『TomTom Runner 3』がリリースされたが、早速その機能性の高さを体感することにした。

TomTom
Runner 3 Cardio+Music
実勢価格:3万5780円

筆者はこれまでにも同社のGPSランニングウォッチの代表作である『TomTom SPARK GPS』を使用しており、このモデルを使用してシドニーマラソン(ハーフマラソンの部)を走り、その機能性の高さや優れた操作性を体感している。今回登場した『TomTom Runner 3』は、基本性能や操作のインターフェイスをキープしつつ、前述のように新たな機能として『ルート探索機能」をプラスしたモデル。長方形を基調としたTomTom独自のデザインはそのままで、時計本体サイズも従来モデルと同寸としたことで、これまでのベルトを交換しての使用も可能だ。

▲初めて触ったユーザーでも安心して使用できる優れた操作性は健在。

「欧州で認知度が高いランニングウォッチ『TomTom Runner 3』の良い点と悪い点を分析してみた」の続きを読む

DIGIMONO!(デジモノ!)


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ