実食! 「暴君ハバネロ・暴コーン」はどれくらい辛くてウマいのか?

2017.8.8 20:07 更新

読了時間:2分12秒

ピリ辛サクサクのスナック菓子『暴君ハバネロ・暴コーン』辛い、でも止まらない、これぞ禁断の快楽!

激辛スナックとしてすっかり定着した『暴君ハバネロ』シリーズ。発売当初のウマ辛さが再現された『帰ってきた暴君ハバネロ』が発売されているが、その商品の辛さを上回る『暴君ハバネロ・暴コーン』が登場! はたしてどれくらい辛いのか、さっそく実食してみることに。

辛さレベルは6! 定番商品を越える暴君が降臨!

東ハトより発売された『暴君ハバネロ・暴コーン』(45g・参考小売価格 税抜 141円・2017年6月5日発売)。同シリーズの定番ラインナップである『帰ってきた暴君ハバネロ』の辛さレベルは5となっているが、『暴君ハバネロ・暴コーン』はレベル6とさらに辛くなっている。燃え盛る「暴」の字がデザインされたフタを勇気を出して開けてみよう。

棒状のスティックに形成されたコーンスナック。コーンの色味はなく、見ているだけで涎が出てきそうになるスパイスカラーだ。

お皿に出してみると、より一層赤さを実感できる。ちなみに商品名にもなっているハバネロは、メキシコを原産とする世界的に有名な唐辛子。この唐辛子の辛さをはかる単位として、スコヴィルというものがあるが、ハバネロは約300,000スコヴィル。タバスコの約10倍の辛さだ。

『暴君ハバネロ』が発売された2003年には、世界一辛いスパイスとしてギネス記録にも載っていたほど。刺激的な辛さがある一方で、しっかりとした旨味もあるのがハバネロの魅力。罰ゲームで食べることになったが、意外と美味しいと思った人も多いのではないだろうか。

「ピリ辛サクサクのスナック菓子『暴君ハバネロ・暴コーン』辛い、でも止まらない、これぞ禁断の快楽!」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ