世界のカーデザインのトレンドはガンダム風?! ジュネーブモーターショーまとめ

2017.7.28 12:07 更新

読了時間:4分

VRは当たり前 ガンダム化する車たち 『ジュネーブモーターショー2017』取材まとめ

BY:106

ジュネーブに行って『第87回ジュネーブモーターショー』取材を敢行。これまでトピック別に紹介してきましたが今回はショー全体を振り返り、関連記事を交えつつ現場の空気をお伝えします。

世界のスーパーカーに酔いしれる祭典

ジュネーブモーターショーのプレスデーが開催された3月8日朝、筆者はジュネーブ入りした。まだまだ冷たい風が吹く中、レマン湖からスイスの峰々を望む見事なまでの雄大な自然に感動。初っ端からジュネーブのポジティブイメージは最高レベルに達する

世界5大モーターショーに数えられるジュネーブモーターショー、またの名をサロン・アンテルナショナル・ド・ロト。毎年開催されるこのモーターショーの特徴は何と言っても各国の“スーパーカー”が大挙して押し寄せることだろう。いや、もはや“スーパーカー”では済まされないのかも知れない。フェラーリやランボルギーニといった老舗スーパーカー屋を始め、ケーニグセグといった若いメーカーが“億”越えは当たり前な超々高価格帯のマシンを展示し、その圧倒的性を競い合うのである。

関連記事:
【動画】もはや神々の集い…… 超高性能マシンが一挙公開【ジュネーブモーターショー2017】
http://getnews.jp/archives/1659170[リンク]

加速するクルマのガンダム化

近年、対人安全性など観点からクルマがどんどん丸くなっているのはご存知の通りだが、一方どんどん角ばる、いわば“ガンダム化”するクルマ達も多数存在する。勿論、このモーターショーでもそんな攻めの姿勢を見せるマシンが多数存在した。

シンガポールを拠点とするヴァンダ・エレクトロニクス社のEVカー、その名も『デンドロビウム』。某星屑ガンダムからインスパイアされたのかは不明だが、トップスピード320km/hという性能とこの外観からしても十分に「ガンダム」と言うことができる。ツヤツヤした外観も未来的でオシャレ。

本場日本だって黙ってはいられない。ホンダの目玉シビック・タイプRのリアはまさにガンダムそのもの。タイプRは白! なイメージがあったが、個人的にはこの“赤い彗星”の如き色も好み。

参考記事:
【ジュネーブモーターショー2017】現地レポート 日本勢の目玉はズバリ『シビック・タイプ R』
http://getnews.jp/archives/1656706[リンク]

デザインの最先端、イタリアのイタルデザイン『ゼロウノ』も、フロントからリアにかけて異常なまでにエッジが効いたフォルムが特徴的だ。なんとしても空力を制しようとする、非常に強い意思を感じさせるエアロ装備の数々は必見。

その他『アウディ Q8スポーツコンセプト』や『Zenvo TS1 GT』など、多くの車がガンダム臭をプンプンさせていた。そんななかでも特に意外、ダークホース的存在だったのはあのメーカーの車だった。

参考記事:
【ジュネーブモーターショー2017】フェラーリ812にウラカン新型を直撃! さらにはイタルデザイン初のマシンも!
http://getnews.jp/archives/1659277[リンク]

「VRは当たり前 ガンダム化する車たち 『ジュネーブモーターショー2017』取材まとめ」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ