NHKらが8Kテレビを共同開発

2016.9.6 22:05 更新

読了時間:3分1秒

解像度はフルHDの16倍! 東京五輪を目指しパナソニックやソニーが8KテレビをNHKと共同開発

8Kテレビ

※出典:GIZMODO

レースはすでに始まっている。

リオ五輪で行われた、8Kスーパーハイビジョン試験放送。まだチューナーやテレビが発売されていませんが、パナソニックやソニーNHKと8Kテレビを共同開発することが日本経済新聞で報じられています。

8K放送(スーパーハイビジョン)とはフルHD解像度の16倍(縦4倍×横4倍)になる高解像度な放送で、一部ケーブルテレビなどで開始された4K放送の次世代の規格となります。なお、日本では2018年から実用放送が始まる予定です。

「そもそも4Kテレビさえ持っていないのに、8K放送なんて必要なの…?」という人も多いと思いますが、8K放送は85インチ以上の大型テレビでの視聴を想定しています。一般的に50インチを超えると4K解像度が欲しくなると言われていますが、さらに大きな85インチや100インチ以上のテレビでは、より精細な8K解像度が欲しくなるようです。

そして、2020年には東京五輪が開催されます。五輪は一般的にAVシステムの買い替え需要を促進しますが、それが自国開催となる東京五輪ならなおさらのこと。日本だけでも膨大なテレビの買い替えが予想されます。つまり、8K放送の開始や対応テレビの開発は東京五輪を控えた今しかない!という状況なのです。

現在、液晶テレビはSamsungLGなどの韓国勢に押され、日本のメーカーの存在感はマーケットで大きくありません。報道では2020年をめどに製品が登場するとされていますが、ぜひ次の夏季五輪は8Kテレビで見てみたいものですね!

top image by Scanrail1 / shutterstock.com

source: 日本経済新聞, 総務省

(塚本直樹)

元記事を読む

gizmodo

関連記事

サミット開催予定地「伊勢志摩」をチョー高精細映像で見る。メ~テレが名古屋の次世代映像体感イベント開催

【4K×ハイレゾ】朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌がもれなくもらえる。DX850シリーズ「ビエラでハイ…

【美ら海 in 銀座】ソニービルがまるごと水族館に。夏休みラストは海を見て癒されよう
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

【PR】PostPetの「モモちゃん」に会える!桜の季節の中目黒で笑顔になれるひ...

2024.3.29 09:59

【PR】今こそ手に入れたい。ハローキティ50周年記念LEDシーリングライトでQO...

2024.3.21 09:00

ソーシャルボタン設置のメリットと効果的な設置方法

2024.3.14 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ