やりたいこと

【やりたい仕事やってますか?】充実した人生のスタートライン

2016.9.6 08:05 更新

読了時間:3分35秒

「モーニングピッチ」発起人が明かす、やりたいことの見つけ方

やりたいこと

「やりたいこと」はありますか?

「今の自分はなりたかった自分になれているか」そう自分に問いかけた時、胸を張って「YES」と答えられますか?なりたい自分になって人生を充実させたいのなら、「YES」と答えるために動き出さなくてはなりません。そしてそのためには「やりたいこと」をする必要があります。もちろんこれはレジャーの話ではなく、「やりたい仕事」の話です。

ではもう一度問いましょう。「やりたいことはありますか」充実した人生のスタートラインは、まずこの問いの答えを見つけることです。ここではベンチャー起業と大企業の事業提携のプラットフォーム「モーニングピッチ」の発起人・斉藤祐馬さんの著書『一生を賭ける仕事の見つけ方』から、「やりたいこと」の見つけ方について解説します。

人生における「ミッション」は何か?

「出世がしたい」「たくさんの給料が欲しい」こうした考え方は「キャリア志向」と呼ばれ、現在の日本のビジネスパーソンの主流の生き方になっています。しかしその仕事の内容が社会的に大きな意義を持っていたとしても、そこに自分のやりたいことが重なっていなければ、自分にとっての意義はどうしても小さくなってしまいます。

飯の種の仕事(ライスワーク)ではなく、人生のミッションとしての仕事(ライフワーク)をしなければ、充実した人生を生きることはできないのです。確かに自分にとってのミッションを仕事にするには、様々な困難があるでしょう。

しかしミッションさえしっかりしていれば、その困難も乗り越えられます。以下では斉藤さんやモーニングピッチの運営メンバーが実践し、多くのビジネスパーソンにも伝授している確固としたミッションの作り方を解説していきます。

ステップ1:「原体験」を掘り起こす

やりたいこと

斉藤さんは「ミッションは歩んできた人生の中にある」と言います。そのためまず行うべきはミッションの種になるほどのインパクトの大きい「原体験」を、自分の人生から掘り起こす作業です。

斉藤さんはこれをするために心理カウンセリングの現場などで使われる「感情曲線」を使います。横軸に年齢を取り、縦軸に感情を取ります。年齢は5年ごとに目盛りを振り、感情は「楽しい」「嬉しい」などのポジティブなものを+側に、「悲しい」「辛い」などのネガティブなものを−側に取ります。出来事の重要性は完全に主観で決めてかまいません。

こうすることで自分の人生において、どんな出来事が強烈な原体験になっているのかが一目で把握できます。その原体験が強烈であるほど、より強固なミッションの種になる可能性を秘めているのだと斉藤さんは言います。

「「モーニングピッチ」発起人が明かす、やりたいことの見つけ方」の続きを読む

careersapli

関連記事

エリート実践 リフレッシュ法

非常時に平常心を保つ3箇条

【あの人はどうして打たれ強い?】百田尚樹から学ぶ、『鋼のメンタル』の持ち方
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ