なぜ注目されている?今さら聞けない動画マーケティングのメリットとデメリットを解説

2022.11.18 17:00 更新

読了時間:5分36秒

近年、動画を活用したマーケティングが注目されています。国内・世界の企業の動画利用率は60%を超えると言われています。動画マーケティングは今後もさらに伸び続けると予測されています。すでに普及している動画マーケティングですが、そのメリットはどこにあるのでしょうか。今回は、今さら聞けない動画マーケティングのメリットとデメリットについて解説します。

動画マーケティングの目的は主に3つある

まず、動画マーケティングとは、映像コンテンツを最大限に活用したマーケティング手法のことを指します。 動画マーケティングの目的は主に下記の3つと言えます。 ・商品(サービス)の認知獲得 ・商品(サービス)への興味・関心の向上 ・商品(サービス)の購入・申し込み 動画マーケティングは、単に動画を制作して公開すればよいというものではありません。あくまでマーケティング手法のひとつであるということを意識し、マーケティング目標を定めて効果測定や分析を行い、次につなげていくことが重要です。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングには主に下記の3つのメリットがあります。 ・情報が多く理解しやすい ・記憶に残りやすい ・配信プラットフォームが豊富 それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

動画マーケティングのメリット①情報量が多い

動画マーケティングの最大のメリットはテキストに比べて短時間で多くの情報を伝えられることだと言えるでしょう。1分間の動画が持つ情報量は「180万語」、つまりWebサイト3,600ページ分に相当すると言われています(アメリカの調査会社「Forrester Research」の研究によるもの)。このように、動画は文字よりも手軽にユーザーへ理解を届けるのに適した表現方法なのです。

動画マーケティングのメリット②記憶に残りやすい

動画マーケティングのメリットとして、静止画よりも記憶に残りやすいという点が挙げられます。視覚と聴覚を同時に情報取得すると記憶の定着が70%にものぼると言われています。動画ではテキストや写真では伝わらない部分を補うことができます。特に楽器の販売など「音」が重要になる商品(サービス)は動画が大きな効果を発揮すると言えるでしょう。顕著な例。 また、商品(サービス)をストーリー仕立てで紹介したいときも、動画は有効です。テキストや写真よりも臨場感を出すことができます。

動画マーケティングのメリット③配信プラットフォームが豊富

動画マーケティングでは、動画を配信するプラットフォームが豊富なこともメリットです。かつては動画マーケティング=テレビCMであり、膨大な広告費が必要でした。しかし最近では、Webサイト、YouTubeやSNS、交通広告など、現在では動画を配信できるプラットフォームが増えています。そのため、動画配信のハードルが下がり、以前より低予算で多くの人にリーチできます。 特に、SNSは「読む」より「見る」傾向が強いため、動画は親和性が良いと言えます。SNSは拡散やバズの可能性もあるため、多くの人の目に触れる可能性を持っています。

動画マーケティングのデメリット

このように、さまざまなメリットがある動画マーケティングですが、デメリットについても押さえておきましょう。

動画マーケティングのデメリット①制作工数とコストが必要

WEBマーケティングに精通していても、動画制作の経験がないマーケターは多くいます。 そういった場合、そもそもどんな動画コンテンツを制作すればよいか、またどんなツールを使って制作すればよいかなど、わからないことが多く、映像制作会社などに依頼することが多くなります。 その際、動画の種類や長さにもよりますが、基本的に期間として1ヶ月前後、制作費として30万円以上が相場です。 ≪動画制作にかかる主な費用≫ 企画・構成費 動画撮影費 撮影機材費 音響効果費 編集費 このように、動画制作にかかる主な費用を見ても、記事コンテンツなどに比べ制作費がかかるのがわかるかと思います。

動画マーケティングのデメリット②マーケティング精通者が少ない

動画制作会社にお金を出せば、希望通りの動画を作ることはもちろん可能です。ただし、動画を作ることと、動画マーケティングで成功することはゴールが異なります。動画制作会社は数あれど、動画マーケティングに精通している制作会社が限られていることはデメリットと言えるでしょう。 動画マーケティングは「映像制作」よりも、その後の「配信戦略」のほうが重要です。動画納品後の戦略は制作会社側ではなく、依頼側で行わなければなりません。 動画マーケティングでは、「視聴時間」「再生回数」「再生率」「コンバージョン数」などのKPI(目標)が重要になります。計測した数値をもとに効果を分析することも必要です。

まとめ

動画マーケティングは、テキストや画像を主体としたマーケティング活動とは異なる部分も大きくあり、動画マーケティングに特化したノウハウが必要になります。動画マーケティングを行うには、メリット・デメリットを踏まえたうえで、その目的を明確化し効果的に運用することが必要です。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

レコメンドウィジェット型だけじゃない?さまざまなネイティブ広告の特徴とメリットを...

2022.11.25 17:00

クリック率の上がるタイトルを目指そう。記事タイトルの重要性とポイントを解説

2022.11.11 17:00

アナリティクスだけじゃ物足りない。Googleサーチコンソールを活用しよう

2022.9.16 17:00

ページトップ