chromeのタスクマネージャーがPCに役立つ方法とは

2018.3.13 17:07 更新

読了時間:1分46秒

ブラウザが遅いときはGoogle Chrome内蔵の「タスクマネージャ」が便利

ウェブページが凍ったら、それは厄介な「死んだタブ」の前兆です。それだけでも本当に腹立たしいのですが、原因がわからないとなおさらイライラしてしまうのが人情です。テクノロジー系ニュースサイトのGhacksによると、メモリーとプロセッサーのパワーを浪費している原因をつきとめるには、Google Chromeに組み込まれている「タスクマネージャ」を使うのがいいそうです。

Google Chrome内で走っているプロセスを見るには、オプションアイコンを選択し「その他のツール」>「タスクマネージャ」の順にクリックします。タスクマネージャでは、開いているすべてのタブと実行中の拡張機能、それぞれが使用しているメモリーとCPUパワー、さらには送受信中のネットワークデータが表示されます。Chromeが全体的な動作をスムースにするために使っているGPUパワーの使用量など、セカンダリープロセスも確認できます。


驚くのが、拡張機能の「メモリ使用量」。1つや2つの拡張機能だけならまだしも、10個以上を同時に使っていると、かなりのRAMを消費していることがわかります。これを減らすには、インストールしている拡張機能の数とその使用頻度を考慮して、取捨選択するしかありません。手持ちの拡張機能をすべて使っている人は、まずいないと思います。

元記事を読む

Lifehacker


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

画像を最適化するとどんなメリットがある?具体的な4つのメリットをご紹介

2024.5.22 17:00

【PR】PostPetのポップアップストアが渋谷に登場!懐かしさと可愛さに癒され...

2024.4.22 16:00

ソーシャルボタンの設置は記事上?記事下?適切な設置位置で効果的にユーザーにアプロ...

2024.4.17 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ